ストリーマー必見! ライブ配信用PC選びの決定版チェックリスト

目次

はじめに ライブ配信用PCの基本

はじめに ライブ配信用PCの基本

ライブ配信の基本知識

ライブ配信とは、インターネットを通じてリアルタイムで動画や音声を送信することです。

普通にテレビを見る感覚で、パソコンやスマートフォン、タブレットなどから視聴者がその場で起きている出来事やパフォーマンスを見たり聞いたりできるのです。

例えば、ミュージシャンがコンサートを行う際にオンラインでリアルタイムに演奏を流したり、ゲームプレイヤーがゲームを遊ぶ様子をファンと共有することもできます。

また、ニュースの現場からの報道や、個人が日常生活を共有するといった用途もあります。

これにより、視聴者はどこにいても、まるでその場にいるかのような体験が可能になり、配信者と視聴者の間でコミュニケーションをとることもできます。

適したPCの条件と特徴

ライブ配信用PCとは、インターネットを通じてリアルタイムで動画や音声を配信するために最適化されたパソコンのことです。

通常のパソコンと比べて、動画を高品質で滑らかに配信するための高い処理能力を持ち、特にCPUやグラフィックスカードが強化されていることが多いです。

また、配信ソフトウェアを快適に動かすための十分なメモリや、長時間の使用に耐えうる冷却システムを備えていることも特徴の一つです。

必要に応じて、複数のカメラやマイクを接続しやすいように、豊富な入出力ポートが装備されていることもあります。

ライブ配信を行う際には、このようなPCを使用することで、視聴者に快適な配信体験を提供できます。

配信向けPCの利点

ライブ配信用のPCを使用するメリットとしては、特に処理能力が高いことが挙げられます。

ライブ配信ではリアルタイムでの動画エンコードが必要ですから、高性能なCPUやGPUが搭載されたPCは快適な配信が可能です。

また、専用PCを使うことで他の作業用のPCと区分けでき、配信に集中できる環境を作ることができます。

高い拡張性もメリットの一つで、複数のディスプレイやカメラ、マイクなどの機材をつなげるためのポートがたくさんあるので、配信のクオリティを高めることが可能です。

また、エラーやトラブルが起きた際のサポート体制も整っているため、安心して長時間の配信を行うことができますし、専用の冷却システムを備えているため、PCのオーバーヒートを防ぎながら長時間の稼働を実現します。

これらのメリットにより、配信者にとって快適で安定したパフォーマンスを発揮するライブ配信が可能になるわけです。

スマホからPCへのステップアップ

スマホからPCにライブ配信を変更すると、PCの大きな画面とキーボードの利便性でコメントの受け答えがしやすくなりますし、PCが持つより強力なプロセッサとメモリを活用することで、安定した配信が可能になるんですよ。

また、PC用の高性能なウェブカメラやマイクを使用することで、画質や音質が向上し、視聴者にとってもっと快適な体験を提供できます。

それから、専門的な配信ソフトウェアを使いこなせば、複数カメラの切り替えや、画面内に情報を追加するなどの複雑な演出も手軽に行えるようになるんです。

ですので、プロフェッショナルなライブ配信を目指す場合には、PCでの配信が大きなメリットをもたらすと言えますね。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

ライブ配信用PCの重要スペック解説

ライブ配信用PCの重要スペック解説

ライブ配信に最適なPC選び

ライブ配信用のPCを選ぶ際にはいくつか大切なスペックがありますね。

まず心がけたいのは、安定したストリーミングを行うためには強力なCPUが必要です。

なぜなら、エンコーディングという作業がCPUにはかなりの負荷をかけるからです。

ライブ配信では特に高速なマルチタスク処理能力が求められるため、現代の多コアプロセッサであればなお良いでしょう。

次に大事なのはメモリです。

ストリーミング中に複数のプログラムを同時に動かすことが多いので、少なくとも8GB以上、できれば16GB以上のメモリがあると安心できます。

これにより、PCがスムーズに動作し、予期せぬトラブルを避けられます。

また、グラフィックカードも見逃せません。

特にゲーム配信を行う場合は、ゲームのグラフィックを高画質でスムーズに処理できる能力が求められます。

NVIDIAやAMDの最新のグラフィックカードには、ライブ配信を助ける特別な機能も備わっていることがあります。

ストレージに関しては、SSDを選ぶと良いでしょう。

高速な読み書き速度により、全体のシステムパフォーマンスが向上し、起動やデータの読み込みが早くなります。

配信で使うファイルも多いため、大容量のストレージも重要です。

最後に、インターネット接続ですが、これはハードウェアのスペックというよりは、高速で安定したインターネット環境が必要であるという点に注意しましょう。

有線のイーサネット接続を推奨しますが、Wi-Fi 6などの新しい無線規格も考慮に入れる価値があります。

これらのポイントをおさえておくことで、快適なライブ配信のためのPC選びができるはずです。

最重要コンポーネント CPU

ライブ配信用のPCを組む際にCPUを選ぶときには、いくつかのポイントを考慮する必要があります。

まず、配信では複数のタスクを同時にこなすマルチタスク処理能力が求められるため、コア数とスレッド数が多いCPUが有利です。

特に、ゲーム配信をする場合はゲーム自体の処理と配信のエンコード処理をCPUが行うので、高い処理能力が必須です。

また、配信時にはリアルタイムエンコーディングが行われるため、高速なクロック速度を持つCPUが推奨されます。

さらに、将来的なアップグレードも見越して、現行のものよりも一つ上の性能を持つCPUを選ぶことが望ましいでしょう。

そして、CPUの温度管理にも配慮して、適切な冷却システムを選ぶことが大切です。

さらに、費用対効果も考慮して、自分の予算内で最も性能の高いCPUを選びましょう。

最終的に、ライブ配信の内容や目的に合わせてバランスよく選ぶことがポイントです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41384 2401 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41333 2343 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41333 2343 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38788 2064 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38712 2036 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35692 2220 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35692 2220 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33934 2194 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33934 2194 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32702 2088 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32702 2088 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29405 2027 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 29003 1957 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27176 2032 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24766 2089 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24766 2089 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22190 1937 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20468 2003 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19606 1925 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17822 1804 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16128 1766 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16128 1766 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15367 1969 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9121 1736 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9121 1736 公式 価格

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BB
【ZEFT Z52BB スペック】
CPUIntel Core i7 14700K 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49B
【ZEFT Z49B スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z49B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47Q

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47Q

視界を支配するゲーミングがここに、アドバンスドグレードの力強いPC
RTX 4070&DDR5メモリ搭載、最新性能のバランスを追求したスペック
NZXT H5 Flowケースに包まれた洗練、クリアサイドで光が舞うデザイン性
Core i5 14400Fが心臓部、高速処理でゲームも作業も滑らかに

【ZEFT Z47Q スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47Q

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

ヘビーユーザーを魅了する高性能ゲーミングPC、集中力を高めるサイレント設計で戦場を制圧!
32GBメモリと1TB高速SSD、バランス良いパワーでゲームも作業もスムーズに応答
ホワイト塗装のクリーンなデザイン、内部のRGBが輝くクリアパネルで美しさも冷却性能も両立
Core i7 14700搭載、マルチタスクでもスムーズな応答性で作業効率アップ

【ZEFT Z47BL スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAJ

力と美しさの融合、エフォートレスグレードのゲーミングPC
ハイパフォーマンスと最新技術のバランスが生む、快適なプレイ環境
透明感あるクリアパネルで、究極のカスタマイズを映すマシン
鮮烈スピード、最新Core i5が切り開く多用途の可能性

【ZEFT Z45DAJ スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAJ

映像の鍵 グラフィックボード

ライブ配信用のPCでグラフィックボードを選ぶときは、配信するコンテンツの種類や要求される画質に重点を置いて考えるといいですね。

ゲーム配信などで高いグラフィック性能が求められる場合は、比較的高性能なグラフィックボードが必要です。

だからといって、最高レベルのグラフィックカードを選ぶ必要があるとは限りません。

配信においては、安定したフレームレートを保つことや、長時間の配信でも熱暴走しない耐久性も大事です。

また、エンコード機能にも注目しましょう。

特にNVIDIAのグラフィックボードに搭載されているNVENCは、高品質で効率的な映像エンコードができるため、配信に適しています。

しかしながら、もしCPUが強力であれば、CPUでのエンコードでも十分な場合があります。

予算に配慮しながら、実際の使用シナリオに合わせて適切な性能のグラフィックボードを選ぶことが重要です。

また、配信ソフトウェアとの互換性や、使用するカメラやマイクとの連携など、システム全体のバランスも考慮するといいですね。

最終的には、スムーズな配信体験を提供できるかどうかが決め手になるでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36336 73613 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30216 72913 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29259 67859 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26282 67044 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23832 55261 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20012 50130 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19320 50774 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18047 45565 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17063 42154 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13518 34370 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13517 34817 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13401 34189 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12518 30171 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10872 31521 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10701 28386 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10692 27311 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7367 19485 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6299 15931 130W 公式 価格

映像のキャプチャに必要なカード

ライブ配信用PCのキャプチャカードを選ぶ際にはいくつか大切なポイントがあります。

まず、解像度とフレームレートのサポートが重要で、配信したいゲームやコンテンツが持つ画質をキャプチャカードがしっかりとサポートしている必要があります。

次に、接続の種類にも注目する必要があり、パソコンのマザーボードに直接挿すPCIeタイプと外付けのUSBタイプがあり、選択はパソコンの仕様や使い勝手に合わせて決めるといいでしょう。

また、入力接続ポートは配信する機器との互換性を考慮し、HDMIやコンポーネントなど、必要なポートが搭載されているかも確認しましょう。

低遅延での処理ができることも大切で、ライブ配信ではリアルタイム性が求められるため、遅延の少ないモデルを選ぶことが重要です。

加えて、ソフトウェアとの互換性も忘れてはならず、使用している配信ソフトウェアとの連携がスムーズかどうかもポイントです。

サポートされているOSも確認して、自分のシステム環境に適合しているかをチェックしましょう。

最後に、信頼できるメーカーからの購入や、サポート体制も考慮に入れると安心です。

これらの要素を踏まえて、自分の配信内容や予算にマッチしたキャプチャカードを選びましょう。


快適な配信のためのメモリ

ライブ配信用のPCにおいてメモリを選ぶ際には、いくつか重要なポイントがあります。

まず、ライブ配信では多くのアプリケーションを同時に動かすことが多く、高いメモリ容量が求められます。

必要なメモリ容量は、使用する配信ソフトや同時に走らせるアプリケーションによって異なりますが、一般的には少なくとも8GBは必要です。

より快適に配信を行いたい場合には16GBやそれ以上を目指すと安心です。

さらに、将来的なアップグレードを考えて、余裕を持った容量を選ぶのも賢明です。

また、メモリの速度もパフォーマンスに影響を与えます。

DDR4のような新しいタイプで高速のメモリを選ぶことで、データの読み書きが速くなり、全体のレスポンスが向上します。

しかし、高速のメモリを使用するためには、マザーボードが対応している必要がありますので、互換性もチェックしましょう。

ライブ配信では、特に不測のトラブルを避けるためにも、信頼性の高いブランドのメモリを選ぶことが大切です。

安定したパフォーマンスを提供することで、配信中に予期せぬエラーやクラッシュが起こるリスクを減らすことができます。

そして、メモリの選択ではデュアルチャネルなど、複数のメモリスロットを活用することによって帯域幅を増やし、より良いパフォーマンスを得られることも考慮に入れると良いでしょう。

これにより、データがメモリ間で効率的にやり取りされ、全体のシステム速度が向上します。

ストレージの選び方

ライブ配信用のPCでストレージを選ぶ際には何点か大切なポイントがありますね。

まず、速度が要求されるのでSSDがおすすめです。

配信時にはゲームやソフトウェアがリアルタイムでデータにアクセスするため、高速な読み書きが可能なSSDは配信の品質を保つ上で役立ちます。

次に、容量も重要です。

高画質の動画をストリーミングするためにはそれなりのデータ容量が必要となるため、少なくとも1TB以上、可能であれば2TB以上の容量を確保しておくと安心です。

さらに、信頼性も見逃せません。

配信中にストレージが故障すると大変なことになるので、耐久性が高く信頼性に優れたブランドの製品を選ぶことをお勧めします。

また、予算に余裕があれば、システム用にSSDを、動画の保存用には追加で大容量のHDDを設置するのも一つの方法です。

これらを踏まえて選ぶことで、滞りないライブ配信が実現するでしょう。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

ライブ配信ソフトウェア対応スペック

ライブ配信ソフトウェア対応スペック

多機能で人気 OBS Studio

OBS Studioを快適に使用するためには、以下のようなPCスペックが推奨されています。

まずCPUに関しては、強力なマルチコアプロセッサーが好ましいです。

インテルのi5シリーズ以上か、AMDのRyzenシリーズが理想的です。

高解像度でのストリーミングを行う場合はより高性能なCPUが要求されます。

メモリ(RAM)は最低でも8GB以上が必要ですが、16GB以上あればさらに快適です。

グラフィックカードに関しては、特に高解像度でのストリーミングやゲーム配信を行う際には重要で、NVIDIAやAMDの現代のカードが推奨されています。

OBS Studio自体はストレージスペースを多くは必要としませんが、録画を行う場合は高速なSSDを使用することで、データの書き込み速度が改善されます。

また、配信の品質と安定性を高めるためには、速度と信頼性に優れたインターネット接続も重要です。

さまざまな環境に適応するためにも、スペックはやや余裕を持って選ぶと良いでしょう。

操作性の良い bandicam

Bandicamでライブ配信を行う際の推奨されるPCのスペックについてですが、快適に使用するためには以下のような条件を満たすと良いでしょう。

まず、CPUはIntel Core i5シリーズかそれ以上の性能を持つものが推奨されます。

メモリは8GB以上を搭載していると、よりスムーズに動作する可能性が高まります。

グラフィックスカードについては、NVIDIA GeForceシリーズかAMD Radeonシリーズが望ましく、特に高解像度での配信を考えている場合は、性能の高いモデルを選ぶと良いでしょう。

また、OSはWindows 7, 8.1, 10 (64ビット版が推奨されます)が必要です。

ストレージに関しては、SSDが推奨されることが多いです。

これは読み書き速度が高速であるため、ライブ配信時のデータ処理がスムーズに行われるためです。

そして、インターネット接続も重要で、安定した高速通信環境が求められます。

これらのスペックを満たすことで、Bandicamを用いたライブ配信をより楽しむことができるでしょう。

ストリーマー向け Streamlabs OBS

Streamlabs OBSを快適に使用するための推奨されるPCスペックは、まずプロセッサに関しては、Intel Core i5以上または同等のAMDプロセッサが望ましいです。

メモリーは8GB以上が理想的で、グラフィックカードについては、NVIDIA GeForce RTX40シリーズ以上もしくはAMDにおける同等以上の性能をもつものが推奨されます。

また、ハードドライブは、OSとソフトを快適に動かすために、SSDが望ましいでしょう。

ストリーマーがより高品質のビデオを配信したい場合や、複数のソースやエフェクトを使用する場合には、更に高性能なPCが必要になることもあります。

なお、これらのスペックはある時点の推奨値であり、ソフトウェアのアップデートに伴って要件が変わる可能性があるため、最新の情報はStreamlabsの公式ウェブサイトで確認することをおすすめします。

初心者に優しい N Air

N Airというライブ配信ソフトウェアについてお尋ねいただきありがとうございます。

N Airは、ゲーム配信プラットフォームの「ニコニコ」に特化した配信ソフトで、配信をより簡単に行なえるよう設計されているツールです。

推奨するPCのスペックに関しては、快適にライブ配信を行うためには以下のような条件を満たしていることが望ましいです。

CPUはIntel Core i5シリーズ以上、あるいは同等の性能を持つAMDのプロセッサが必要です。

メモリ(RAM)は8GB以上を推奨しており、可能であれば16GBあるとよりスムーズに動作することが期待できます。

グラフィックカードについては、デスクトップPCであればNVIDIA GeForce GTX 660以上、ラップトップであればNVIDIA GeForce GTX 870M以上の性能を持つものを推奨しています。

ストレージについては、高速な読み書きが可能なSSDを使用することが好ましいでしょう。

これに加え、インターネット接続環境としては、安定した高速のブロードバンド接続が求められます。

これらのスペックは、N Airを快適に使用するための目安ですが、配信するコンテンツの内容や解像度、ビットレートなどによって必要とされるスペックは変わることがあるため、自身の配信環境に合わせてスペックを調整する必要があります。

また、この情報は2024年時点のものであり、将来的にソフトウェアのアップデートによる仕様変更などがあるかもしれないため、最新の情報はN Airの公式ウェブサイトや発表情報を確認することをおすすめします。

プロ用途に対応 XSplit Broadcaster

XSplit Broadcasterを快適に利用するためのPCスペックについてお敏しいご質問ありがとうございます。

XSplit Broadcasterを使用する際の推奨されるパソコンのスペックは、主にソフトウェアが要求するプロセッサ、メモリ、グラフィックスカードに依存します。

一般的に、Intel i5世代以上のCPUまたはそれに相当するAMDのプロセッサが望ましいです。

また、最低8GBのRAMは必要ですが、特に高品質のライブストリーミングや複雑なプロダクションを行う場合は16GB以上が推奨されます。

グラフィックキャパシティに関しては、DirectX 10.1互換のGPUが必要で、より高い性能を求める場合、より新しいモデルのグラフィックスカードを使用することが望ましいです。

さらに快適なライブストリーミングを行うには、十分なストレージスペースが必要ですので、高速なSSDの利用が推奨されます。

加えて、高速で安定したインターネット接続も重要です。

最新の情報は公式のウェブサイトを確認していただくことで、より正確なスペック要件と合わせたアップデート情報をご参照いただけます。

XSplit Broadcasterの利用に際しては、これらの推奨スペックを目安として、ご自身のPCがストリーミングの要件を満たしているかをご確認ください。


シーン別! ライブ配信推奨スペック

シーン別! ライブ配信推奨スペック

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45NA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45NA

ソリッド・ゲーミングマシン:処理能力とグラフィックの優れた次世代体験を、余裕の32GB DDR5とともに
高速バランスの極地:1TB NVMe SSDと850W Gold電源が、パワーと応答速度の極上の同等性を実現
静寂の城、Antec P10 FLUX:洗練されたミドルタワーが、美と機能性を一体化させたデザイン
芯から速さを生む:Core i5-14600KFが、最新のタスクもスムーズにさばく

【ZEFT Z45NA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45NA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AL
【ZEFT Z52AL スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCN

高性能コアでゲームの世界に没入!パワフルな体験をコミットするゲーミングマシン
ピークパフォーマンスと応答速さが融合。このバランスこそ、真のスムーズ体験
清潔感溢れる白い筐体、透明なサイドパネルから覗く、未来を象るデザイン性
マルチタスクの強い味方、i9の威力であらゆる操作が瞬時に、迫力に

【ZEFT Z45DCN スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45LR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45LR

力強いパフォーマンスを提供する、ハイスタンダードなゲーミングマシン
RTX 4060Tiの黄金バランスとCore i5の速度が融合した高性能スペック
ホワイトミドルタワーケースのエレガントさとクリアサイドパネルの魅力
Core i5-14600KFが織りなす高い処理能力、次世代のゲームもこの手中に

【ZEFT Z45LR スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45LR

PR活動への応用

プロモーションのライブ配信を行う際には、スムーズな配信と視聴者に良い画質を提供するために、ある程度のPCスペックが必要です。

まずは、プロセッサーについてですが、インテルのCore i5以上か、またはAMD Ryzen 5以上のものが望ましいです。

これにより、配信ソフトウェアが要求する処理能力を満たし、複数のアプリケーションを同時に動かしても安定して作業できるでしょう。

次にメモリですが、最低でも16GBは欲しいところですが、より安定したパフォーマンスのためには32GBを推奨します。

これにより、ライブ配信中の予期せぬメモリ不足を避け、快適に配信を行うことができます。

グラフィックスに関しては、統合グラフィックスでも基本的な配信は可能ですが、高画質の配信や複雑なエフェクトを使いたい場合は、NVIDIAかAMDの専用グラフィックスカードを搭載したPCを選ぶと良いでしょう。

ストレージに関しては、高速な読み書きが可能なSSDを採用することで、配信ソフトウェアの起動や配信データの保存にかかる時間を短縮できます。

容量は、配信データや関連ファイルを保存するためにも、1TB以上が推奨されます。

インターネット接続についても重要で、有線のイーサネット接続を推奨します。

これにより安定したインターネット環境を確保し、配信中の不意な切断や遅延を防ぐことができます。

最後に、どのライブ配信プラットフォームを使用するかによっても、推奨されるスペックは若干異なる場合がありますので、使用するソフトウェアのシステム要件も事前に確認することをおすすめします。

以上のポイントを抑えておくと、プロモーションのライブ配信に適したPCを選ぶ際の一助となるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

ハイエンドゲーマーへ捧ぐマシン。ソフィスティケートスタンダードグレードの実力を体感せよ
快速プロセッサとRTXの融合で極めた、ゲームにもクリエイティブにも対応するスペックの絶妙バランス
クリアビューパネルが放つ、鮮烈な光彩。Corsairのエアフロー設計でパフォーマンスとロマンスを両立
心臓部はCore i7 14700KF。処理能力の高さが、あらゆるタスクを次元上昇へ導く

【ZEFT Z45DAY スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

パソコンショップSEVEN ZEFT R53CE

パソコンショップSEVEN ZEFT R53CE

ハイパフォーマンスの域をあらゆるスキルで堪能せよ、このモデルはプロの要求にも応えるゲーミングPC
必要なパワーとスピードの極上の融合、注目のスペックでゲームも作業もスムーズに
省スペース、だけど機能大充実。クリアケースから覗く高性能が、デスクをスタイリッシュに彩る
Ryzen 9 7900搭載により、異次元レベルの計算速度をあらゆるコンテンツで体感せよ

【ZEFT R53CE スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53CE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAF

プロゲーマーも納得のハイパフォーマンス、次世代バトルを制覇するゲーミングPC
最新RTX 4060Ti搭載で、サクサク動作がコミットされるスペックのバランス良いマシン
透明感あふれるクリアパネル、RGB光るエアフロー設計の美しいミドルタワーPC
速度と応答性に優れたCore i7 14700KF、CPUパワーで差をつけるPC

【ZEFT Z45DAF スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

ゲームもクリエイティブもスムーズにこなすバランス型ゲーミングマシン
最新ゲームが快適、16GB DDR5とRTX 4060Tiの威力を堪能
省スペースを追求、透明感あふれるコンパクトNR200P MAXケースで魅せるデスクトップ
Core i5 14600KF、最新世代がもたらすスマートなパフォーマンス

【ZEFT Z44FA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

ライブ配信者・インフルエンサーの要件

ライバーやインフルエンサーの方がライブ配信を行う際には、快適に配信を行い視聴者に満足してもらうためにもある程度のスペックを有するPCが求められます。

まずCPUは配信のエンコード作業などに高い処理能力が必要なので、Core i5以上の性能を持つものが望ましいです。

また、マルチタスクや長時間の利用を考慮して、メモリは16GB以上、できれば32GBあると余裕を持って作業ができるでしょう。

グラフィックスに関しては、配信中にゲームや高解像度の動画を扱うことがある場合は独立したGPU(グラフィックカード)が搭載されているPCが推奨されます。

例えばNVIDIAのGeForce RTX40シリーズ以上やAMDのRadeon RXシリーズなどが良い選択肢です。

また、ストリーミングで特に重要なのがインターネットの接続速度と安定性ですので、有線LANポートまたは高速な無線LAN(Wi-Fi 5以上)を利用できる環境を整えることを忘れないでください。

ストレージに関してはSSDを推奨します。

OSやソフトウェアの起動時間が短縮されるため、配信準備の時間短縮につながりますし、データの読み書き速度も向上しますから、動画の編集作業もスムーズになります。

最低1TBは欲しいところですが、動画や画像などのデータを多く扱う方は2TB以上を検討するのが良いでしょう。

最後に、配信の品質向上のためにも、フルHD(1920×1080)以上のもの、さらには4K対応のモニターを使うと視聴者に高品質な映像を提供できます。

そして音声のクリアさも配信の質を左右するので、高品質なマイクやオーディオインターフェイスの使用も大切です。

以上の点を踏まえた上でPCを選ぶことをお勧めいたします。

ウェビナーやセミナー開催時の仕様

ウェビナーや講演会のライブ配信をスムーズに行うためのPCのスペックとしては、まずプロセッサーはできればインテルのi5以上やAMD Ryzen 5以上を備えたものが求められます。

メモリは16GB以上を搭載していると配信中の安定性が高まりますし、高画質の映像を扱う場合は32GBを目安にすると良いでしょう。

ストレージはSSDが推奨され、1TB以上があるとOSや必要なソフトウェアが快適に動作します。

ライブ配信では安定したインターネット接続も必要ですから、高速なネットワークインターフェースや無線LANでも安定した接続が可能な機種を選びましょう。

また、講演会の内容によってはグラフィックス性能が要求されることもあるため、内蔵グラフィックスよりも専用グラフィックスカードを搭載しているPCを選ぶと、より快適な配信が実現できます。

最後に、ライブ配信の品質を左右するカメラやマイクも重要ですので、これらが高品質なものが内蔵されているか、または外部から高品質な機器を接続できるかも考慮する必要があります。

これらのスペックを満たしたPCを選ぶことで、ウェビナーや講演会の配信時に安心してご利用いただけるでしょう。

IR活動におけるライブ配信

株主総会やIRのライブ配信をご覧になる際には、スムーズな視聴体験を得るために一定のPCスペックが求められますね。

推奨するPCのスペックとしては、まずプロセッサーについてはIntel Core i5以上またはそれに相当する性能を持つAMDのCPUが望ましいです。

メモリ(RAM)に関しては最低でも8GBを搭載していることが理想的ですが、より快適に視聴するためには16GBを目安にしていただくと良いでしょう。

またグラフィックスに関しては、統合型グラフィックスでもライブ配信の視聴は可能ですが、独立型グラフィックスカードを搭載していると、グラフィックスの処理がよりスムーズになります。

ストレージにおいては、速度の遅いHDDよりも早い読み書きが可能なSSDを用いることで全体の動作が快適になります。

さらにインターネットの接続速度ですが、少なくとも5Mbps以上の回線速度が求められます。

余裕を持って10Mbps以上あると安心です。

オペレーティングシステムは、サポートされている最新の状態に更新されていることも大切です。

Windowsの場合はWindows 10以上、Macの場合は最新のmacOSがインストールされていることが望ましいです。

以上が快適なライブ配信視聴のためのPCスペックの推奨となります。

視聴において重視されるのは安定したインターネット回線と中程度以上の処理能力を持ったPCであり、これらが整っていれば、株主総会やIRイベントをストレスなくお楽しみいただけます。

ゲーム実況者に求められるスペック

ゲーム実況のライブ配信を快適に行うためには、十分な処理能力を備えたPCが必要です。

まず重要なのがCPUですね。

実況配信ではゲームプレイと同時にエンコード処理が必要となるため、少なくともIntelのCore i5シリーズやAMD Ryzen 5シリーズの中級以上のモデルをおすすめします。

さらに快適さを求めるのであれば、Core i7やRyzen 7以上が望ましいですね。

次にメモリですが、16GBはほしいところ。

特に複数のアプリケーションを同時に使ったり、高解像度でのストリーミングを行う場合には32GBあると余裕をもって作業できます。

グラフィックスカードについても考える必要がありますね。

実況するゲームの要求スペックにもよりますが、NVIDIA GeForce RTX4060やAMD Radeon RX 7800といったミドルレンジのカードでも基本的には問題ありません。

しかし、より高品質の配信を目指すならば、RTX4060以上を選ぶと良いでしょう。

ストレージは、高速な読み書きが可能なSSDを用いると、全体の動作がスムーズになります。

ゲームのロード時間短縮にも繋がるので、できれば500GB以上の容量を持つSSDを搭載すると安心です。

ただし、大量の録画データを保存する可能性がある場合は、追加で大容量のHDDを設置することも考慮してください。

最後に忘れてはならないのが冷却システムです。

安定した配信を続けるにはPCの熱管理が重要になってくるため、高性能なクーラーやケースファンを備えたPCケースを選ぶことをおすすめします。

これらのスペックを満たしたPCであれば、ゲーム実況のライブ配信を楽しむための十分なパフォーマンスを提供することができるはずです。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

イベント配信のためのスペック

イベントや展示会、ライブの中継などのライブ配信をスムーズに行うためには、特定のスペックを有するPCが推奨されます。

まずは、安定したライブ配信を行うための要となるのがCPUです。

高速な処理能力が求められるので、インテルのCore i7以上やAMDのRyzen 7以上が望ましいです。

次にメモリーですが、配信中のデータ処理には相応の容量が必須となるため、最低でも16GB以上のRAMが推奨されます。

また、映像を快適にエンコードするためには、専用のグラフィックカードが装備されていることが重要です。

NVIDIAのGeForce RTX4060以上やAMDの同等クラスのグラフィックカードが適しています。

高解像度での配信や複数カメラを扱う場合は、さらに上位のグラフィックカードが必要になることもあります。

そして、ライブ配信では大量のデータを扱いますので、速度の遅いハードドライブよりも、読み書き速度が速いSSDを搭載しているPCを選ぶことが望ましいです。

最低でも1TB以上の容量を持つSSDが良いでしょう。

ストレージの空き容量が少ないとパフォーマンスに影響を及ぼすため、余裕を持った容量を確保しておくことが重要です。

ネットワーク環境も配信の品質に大きく影響します。

有線のイーサネット接続をするためのギガビットイーサネットポートを備え、かつWi-Fiが802.11acまたはそれ以上の規格に対応していることで、より安定した環境が得られます。

これらのスペックに加え、十分な数のUSBポートや、必要に応じてHDMIやThunderbolt 3などのビデオ出力に対応したポートも備えていると便利です。

積極的にアップデートを行い、最新の配信ソフトウェアやドライバーに対応させるよう心がけて、配信時のトラブルを未然に防ぐことも大切です。

以上の点を満たしているPCを選べば、ストレスを感じることなくスムーズなライブ配信が可能です。

企業向けの説明会や研修

企業説明会やオンライン研修のライブ配信をスムーズに行うためには、安定したパフォーマンスを提供できるPCが欠かせません。

おすすめするスペックとしては、まずプロセッサーはインテルCore i5以上または同等のAMDプロセッサーを搭載していることが望ましいです。

メモリに関しては、16GB以上が理想的で、作業の途中でPCが遅くなることのないように余裕をもって選ぶと良いでしょう。

ストレージについては、高速な読み書きが可能なSSDを1TB以上推奨します。

これは、OSや必要なソフトウェアの起動時間を短縮し、ライブ配信中のデータ処理を迅速に行うためです。

グラフィックスについても忘れてはなりません。

内蔵グラフィックスでも最新のものであれば基本的なライブ配信には対応できますが、より高画質の配信や複数の動画ソースを同時に扱う場合は、専用のグラフィックスカードを搭載したPCを選ぶと良いでしょう。

そして、ライブ配信ではインターネット接続が非常に重要ですから、有線LANポートまたは高速な無線LAN(Wi-Fi 5以上)に対応しているPCを選んでください。

最後に、ウェブカメラとマイクですが、クリアな映像と音声を配信するためには、HD解像度以上のウェブカメラと、ノイズキャンセリング機能付きのマイクを内蔵しているか、または外部から接続可能なPCを選ぶことが推奨されます。

これらのスペックに注意を払って選ぶと、参加者に快適な視聴体験を提供し、成功したライブ配信につながるでしょう。


各プラットフォームに最適なPCスペック

各プラットフォームに最適なPCスペック

個人配信者向けのMirrative

Mirrativeのライブ配信をスムーズに行うためのPCスペックですが、安定した配信を目指す場合、以下のような条件を満たすPCを推奨します。

まず、CPUに関してはIntel i5以上のものが望ましいでしょう。

加えて、メモリは16GB以上を搭載していると安心です。

グラフィックについては、内蔵グラフィックスでも問題ありませんが、より高度なゲーム配信などを考える場合はNVIDIAかAMDの専用グラフィックスカードを搭載すると良いでしょう。

ストレージは、高速なSSDが望ましく、大容量データの取り扱いには1TB以上が推奨されます。

インターネット接続に関しては、有線LAN接続が望ましいですが、Wi-Fi環境でも十分な速度と安定性がある場合は問題ありません。

このように、プロセッサやメモリ、グラフィックス、ストレージといった主要なパーツが現代の基本的なスペックを満たしていれば、Mirrativeでのライブ配信は快適に楽しむことができるはずです。

生配信アプリの選択 ツイキャス

ツイキャスでライブ配信を行う際には、快適に配信をおこなうためにはある程度のPCスペックが求められます。

配信のクオリティーや安定性を保つためには、まずCPUはIntel Core i5シリーズ以上か、もしくは同等の性能を持つAMDのプロセッサーの利用を推奨します。

メモリーについては最低でも8GBを用意し、より複雑な作業や多くのアプリケーションを同時に実行する場合は16GBを目安にすると良いでしょう。

グラフィックスカードに関しても、配信の内容がゲームプレイなどグラフィック性能を要求される場合には、NVIDIAやAMDの中?上位クラスの製品を選んでください。

配信に使われるソフトウェアやエンコードの方法によっては内蔵GPUでも十分な場合もあります。

ストレージでは、速度の速いSSDの使用が推奨され、OSやアプリケーションの快適な実行を助けます。

さらに、高解像度での配信や複数のビデオ入力を扱う場合はさらに高いスペックが必要になるかもしれません。

以上のスペックに加えて、安定したインターネット環境があれば、ツイキャスでのライブ配信をスムーズに行うことができます。

動画共有サイトの老舗 ニコニコ生放送

ニコニコ生放送でのライブ配信をスムーズに行うためのPCスペックは、安定した配信を目指すためにある程度の基準を満たしているといいですね。

まず、CPUはインテルCore i5以上または同等のAMDプロセッサが望ましいとされています。

メモリは最低4GB以上を推奨されていますが、8GB以上あると余裕を持って配信ができるでしょう。

グラフィックに関しては、オンボードグラフィックスで十分ですが、配信内容によっては専用のグラフィックカードが必要になるかもしれません。

これに加えて、安定したインターネット接続も重要ですので、有線のLAN接続をお勧めしますし、高速なアップロード速度を提供するブロードバンド接続を利用するとより良いでしょう。

ストレージに関しては、SSDを利用するとPC全体の応答速度が向上し、快適な配信体験に繋がります。

これらのスペックを参考に、ご自身の配信内容や予算に合わせて最適なPCを選んでいただければと思います。

パフォーマー必見 SHOWROOM

SHOWROOMのライブ配信におすすめするPCスペックですが、快適に配信を行うためには以下のような構成が理想的です。

まずはプロセッサーについてですが、Intel Core i5シリーズ以上または同等のAMD Ryzenシリーズが望ましいです。

メモリは少なくとも8GBは欲しいところですが、できれば16GBあると余裕を持って作業ができるでしょう。

グラフィックカードに関しては、内蔵グラフィックスでの配信も可能ですが、より高品質な映像を求める場合はNVIDIAやAMDのディスクリートグラフィックカードを搭載しているPCが推奨されます。

ストレージは高速アクセスが可能なSSDを搭載していると、PC全体の動作がスムーズになるため、配信にも好影響を与えます。

さらに、安定したインターネット環境を確保するため、有線LAN接続が可能な環境を整えるのも大切です。

これらのスペックを満たしているPCであれば、SHOWROOMでのライブ配信を楽しく、快適に行えるはずです。

インフルエンサーに人気 インスタライブ

インスタライブのライブ配信を快適に行うためには、パソコンの性能がとても重要ですね。

まず、CPUは少なくともインテルのCore i5シリーズ以上、もしくはAMDのRyzenシリーズで中位クラス以上のものをおすすめします。

これにより、ライブ配信中のエンコード処理などがスムーズに行われます。

メモリは8GB以上を目安にしてください。

こちらも配信時の快適さに大きく関わる要素です。

画質の高いライブ配信を目指す場合、グラフィックカードも無視できません。

NVIDIAかAMDの最近のミドルクラスのものであれば、多くの場合安定して配信を行えるでしょう。

ストレージは、SSDを利用するとパソコンの全体的な反応速度が向上するため好ましいです。

そして、ライブ配信では安定したインターネット接続が不可欠ですから、可能な限り高速な有線接続(イーサネット)を利用するのが理想的です。

また、Webカメラやマイクの品質も配信の質に大きく影響しますので、あわせて良質な機材を選ぶことも忘れないでください。

以上の点を満たすパソコンであれば、インスタライブでのライブ配信が楽しめるはずです。

ライブエンタメ 17LIVE

17LIVE(イチナナライブ)でのライブ配信を快適に行うためには、ある程度のPCスペックが推奨されます。

まず、CPUはインテルのCore i5シリーズ以上をお勧めします。

これにより、配信のエンコーディング処理がスムーズに行われるでしょう。

メモリに関しては、少なくとも8GB以上が望ましいです。

これにより、複数のアプリケーションを同時に動かしてもPCが重くなるのを避けられます。

グラフィックに関しては、内蔵グラフィックスでも配信は可能ですが、より高画質な配信を目指す場合は、NVIDIAかAMDの専用グラフィックカードを搭載しているPCが推奨されます。

ストレージは、SSDを使うことで全体のシステムレスポンスが向上し、快適な配信体験につながります。

また、高速なインターネット接続も配信の品質を左右する重要な要素ですから、安定した環境での配信を心がけてください。

これらのスペックを満たしていれば、17LIVEでの配信がストレスなく楽しめるでしょう。

世界中に配信 YouTube LIVE

YouTube Liveのライブ配信をスムーズに行うために推奨されるPCのスペックは、ライブ配信の品質に大きく関わってきますので、しっかりとした機能を備えたPCを準備することをお勧めします。

まず、プロセッサはIntel Core i5以上またはそれに相当するAMDのプロセッサを搭載していることが望ましいです。

メモリはなるべく8GB以上を用意し、より多いメモリがあるとより安定して配信を行えます。

グラフィックスに関しては、ライブ配信の内容にもよりますが、基本的にはオンボードのグラフィックスでも問題はありませんが、ゲーム配信などを考えている場合は専用のグラフィックカードを搭載した方が良いでしょう。

そして、ストリーミングデータの処理に影響するハードディスクやSSDも、高速なものを選ぶことで配信中のトラブルを少なくすることができます。

最後に、安定したインターネット接続のためには有線LANを使用し、可能であれば高速なブロードバンド接続を確保することも大切です。

これらの点を踏まえ、適切なPCを選ぶことで、視聴者に快適なライブ配信を提供することができるでしょう。


ゲーマーから愛される Twitch

Twitchでのライブ配信を快適に行うためには、ある程度の性能を持ったPCが必要ですね。

最低限、Intel Core i5-4670プロセッサ(またはAMD同等品)と、8GBのRAMが推奨されているんです。

さらに、ゲーム配信を行う場合には、中から高レベルのグラフィックカードが求められることが多いです。

NVIDIA GeForce GTX 670やAMD Radeon HD 7870以上の性能が望ましいですよ。

インターネット接続に関しても、配信の品質に大いに影響するため、安定したブロードバンド接続が必要不可欠です。

アップロード速度は最低でも3Mbps以上あると安心ですし、より高画質で配信したいのであれば、それ以上の速度が求められます。

また、PCだけでなく、良質なマイクやウェブカメラ、そして配信ソフトウェアも大切な役割を果たします。

そういった周辺機器やソフトウェアもしっかりとセットアップしておくといいですね。

自分の配信スタイルや目指す画質に合わせて、これらのスペックを上下させて検討してみてください。

ビジネスミーティングに Zoom

Zoomのライブ配信で快適なパフォーマンスを得るためには、ある程度のPCスペックが求められますね。

まず、CPUに関してはインテルCore i5以上のプロセッサが望ましいです。

メモリについては8GB以上あると、よりスムーズに動作するでしょう。

グラフィック部分では、統合グラフィックスでも基本的な配信は可能ですが、より高画質で配信する場合や複数のビデオフィードを扱う場合は専用グラフィックスカードを搭載したPCの方が良い結果を得られます。

ストレージでは、SSD(ソリッドステートドライブ)を使うことで全体的なシステムの応答速度が向上しますので、できればSSDを搭載しているPCを選びたいところです。

これらのスペックが整っているPCを使用すれば、Zoomのライブ配信を快適に実施できるでしょう。

ライブ配信を充実させるための機材

ライブ配信を充実させるための機材

映像の質を高める カメラと三脚

ライブ配信では、カメラがあると高画質で美しい映像を視聴者に届けることができます。

また、カメラには、手持ちのスマートフォンやウェブカメラにはない、光学ズームやより高度な調節機能が備わっているため、臨場感のある配信をすることが可能です。

三脚を使用することで、カメラが安定し、映像に揺れが少なくなります。

これは長時間の配信において特に重要で、視聴者にとって快適な視聴体験を提供することができます。

さらに、三脚は配信者が両手を自由に使えるようにし、より幅広い表現やパフォーマンスが可能になります。

ですから、プロ並みのライブ配信を目指す場合には、カメラと三脚の準備はとても重要だと言えます。

クリアな音声を オーディオミキサー

ライブ配信では、視聴者に高品質なオーディオ体験を提供することが大切ですね。

オーディオミキサーを使うと、複数の音源を繊細に調整して一つのストリームにまとめることが可能です。

例えば、マイク音声、BGM、効果音などを同時にコントロールできるため、視聴者にとって心地良いバランスの音響を生み出します。

また、ミキサーにはエコーやコンプレッションといったエフェクト機能がついていることもあり、声の聞き取りやすさを向上させることもできます。

さらに、瞬間的な音量変更やミュート操作もしやすいため、突発的なノイズが入ったときにも素早く対応することができるのです。

こうした機能を駆使することで、配信者はオーディオの面でプロフェッショナルな配信を行うことができると言えるでしょう。

良好な照明の必需品 LEDライト

ライブ配信をするときにLEDライト照明があると、とても便利ですね。

照明は視覚的な印象を大きく左右するからです。

まず、LEDライトを使うと、顔の陰影を美しく見せたり、目の輝きを引き出したりすることができます。

これによって、視聴者にとって魅力的な映像を提供することが可能になります。

また、色温度や明るさの調整がしやすい点もポイントです。

環境に合わせて適切な光を作り出すことができるので、配信者の表情や動きがクリアに捉えられ、視聴者にとってもっともっと快適な視聴体験を生み出せます。

そして、LEDライトは省エネで長持ちするので、長時間の配信でも安心して使用できます。

配信中に照明が切れてしまう心配がなく、スムーズに配信を続けられるのは大きな利点です。

ですから、ライブ配信をする際には、LEDライト照明をうまく使って、よりプロフェッショナルな映像を作り出すことをお勧めします。

マイク選びの重要性

ライブ配信でマイクを使うことは、音声のクオリティを向上させる大きなポイントですね。

マイクがあれば、はっきりとしたクリアな音声を視聴者に提供できるため、コミュニケーションがスムーズになります。

また、周囲のノイズを減らすことができるので、配信者の声だけをしっかり拾うことが可能になります。

さらに、マイクを使うことで声にニュアンスをつけることが簡単になり、話し手の表現力も豊かになるでしょう。

配信においては、情報だけでなく、配信者の個性や魅力も大切になるため、良いマイクは視聴者とのつながりを深める助けにもなります。

プロフェッショナルな切り替え

ライブ配信でスイッチャーを使うと色々なメリットがあるんですよ。

まず、いくつかのカメラや映像ソースを切り替えられるので、視聴者にとって飽きのこないダイナミックな映像提供が可能になります。

例えば、配信者の顔を映しながら、同時にプレゼンテーションのスライドやゲームの映像を映して、その場の状況に応じて自由に切り替えることができるんです。

さらに、スイッチャーを使えば映像にテロップやエフェクトを加えたり、映像の切り替えに演出を加えることもできますから、視聴者の体験をより豊かにすることができますね。

音声のミックスや調整もスムーズに行えるため、音声のクオリティーを保つこともできます。

これらの機能は、ライブ配信のプロフェッショナルさを高めるだけでなく、参加している視聴者にとっても、まるでテレビ番組のようなクオリティの高いコンテンツを楽しめるという点で非常に便利なんです。

高品質キャプチャのためのカード

キャプチャーボードがあると、ライブ配信がよりプロフェッショナルで高品質になり、視聴者に良い印象を与えることができます。

それは、ゲーム機やカメラなどの外部デバイスからの映像や音声を直接パソコンに取り込むことができるため、純粋なデータをそのまま配信ソフトウェアへ送ることができるからです。

これによって、映像の遅延や品質劣化を最小限に抑えることが可能となります。

また、複数の映像源を切り替えながら配信することも容易になりますし、ゲームプレイの配信をする場合には、ゲームのプレイと配信の間で遅延が少なくなるため、よりスムーズな配信が実現します。

このように、キャプチャーボードを使用することで配信のクオリティを向上させ、視聴者にとって魅力的なコンテンツを提供することができるようになるのです。

便利! ライブ配信をサポートするツール

便利! ライブ配信をサポートするツール

外部の映像を取り込む キャプチャカード

ライブ配信にキャプチャカードがあると、さまざまなデバイスの映像や音声を高品質でパソコンに取り込むことができます。

たとえばゲーム実況をする際、ゲーム機からの映像を直接パソコンに送信することで、プレイ中の映像を滑らかに配信することが可能になります。

また、カメラや他の映像機器を使って、より専門的な配信を行いたいときにもキャプチャカードは役立ちます。

これにより、視聴者に対して高解像度でクリアな映像を提供し、配信のプロフェッショナルさを演出できるでしょう。

さらに、キャプチャカード経由で音声も一緒に配信されるため、配信全体のオーディオクオリティが向上し、視聴者にとって快適な視聴体験を提供できます。

ですから、ライブ配信をするうえで素晴らしい映像と音声を伝えたいのであれば、キャプチャカードは非常に便利なツールと言えるでしょう。

作業効率アップ デュアルモニタ

ライブ配信をする際にデュアルモニタを使用すると、一つの画面で配信のコントロールと管理を行いながら、もう一つの画面ではチャットや視聴者の反応を見たり、必要な資料を開いて迅速に情報にアクセスしたりすることができて便利です。

配信用のソフトウェアやツールが一つの画面を占めてしまうと、他の操作をするためにウィンドウを切り替える必要がありますが、デュアルモニタだとその必要がなくなるため、配信の進行がスムーズになります。

また、プレゼンテーションやゲーム配信でゲーム画面を全画面表示する場合も、もう一つの画面でコメントを見たり、別の操作を行うことが可能なので、視聴者とのやり取りが活発になり、より一層楽しい配信を提供できます。

声変えも自在 ボイスチェンジャー

ライブ配信でボイスチェンジャーを使うと、いろいろな面で便利ですよね。

まず、自分の声を変えて様々なキャラクターを演じ分けることができるので、視聴者に新鮮な楽しさを提供できます。

また、プライバシー保護の面でも役立ちます。

本来の声を隠して配信することで、個人を特定されるリスクを減らすことができるんです。

加えて、声のトーンを調整することで、より聞き取りやすいオーディオ環境を作ることができるので、視聴者に快適な視聴体験を提供することにも繋がりますよ。

こうした理由から、ライブ配信にボイスチェンジャーがあると便利なんです。

最後に ライブ配信用PCの総まとめ

最後に ライブ配信用PCの総まとめ

ライブ配信PC選びの要点

ライブ配信用PCとは、インターネット上でリアルタイムに動画を配信するために特化したコンピューターのことです。

このPCは高性能なプロセッサ、十分な量のRAM、強力なグラフィックスカードを搭載していることが多く、これによって高画質な映像をスムーズに配信することができます。

また、安定したインターネット接続のための高速なネットワークインターフェースも重要で、場合によっては専用のエンコーディングハードウェアを取り入れたりします。

音声のクオリティも非常に重要なので、ノイズを抑えた高品質なマイクやオーディオインターフェースが使われることがあります。

さらに、複数のカメラやゲーム機などの機器を接続できるような入出力ポートが豊富に用意され、配信をより魅力的にするための様々なソフトウェアがインストールされていることが一般的です。

ライブ配信をする際には、これらの設備がしっかりと整っていることが成功の鍵となります。

あわせて読みたい

最高のゲーム配信PCを目指して スペックチェックリスト

ちょっとええゲーミングPC

映像制作のニーズに応える! カスタムパソコン完全マニュアル

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ゲーム実況フレンドリー! コストパフォーマンスに優れたおすすめPC

BTOパソコン購入マニュアル

業界プロが推薦! マンガ制作を支えるおすすめPCリスト

ゲーミングPC探訪

プロが教える最適スペック! おすすめBTOゲーミングPC紹介

静音PC探求道

2024年最新版 圧倒的ゲーム体験を提供する高スペックPC

BTOゲーミングPCランキング

PCゲーム戦士の盾 予算内で見つける最適性能PC

ちょっとええゲーミングPC

効率アップ! 動画編集に適したパソコンスペックとは?

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

究極のカスタム体験! おすすめBTOゲーミングPCアセンブリーヒント

BTOゲーミングPCランキング

処理速度が鍵! 高速おすすめCore i7 PC

BTOパソコン購入マニュアル

クリエイティブワーク向けおすすめBTOデスクトップPC選定法

ちょっとええゲーミングPC

おすすめPCで夢を描く 画像生成AIを駆使するアーティストの選択

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ゲーミングデスクトップPCバイブル 職種別パーフェクトマッチ選定ガイド

静音PC探求道

音楽制作PC選びの科学 DAWのパフォーマンスを最適化するコツ

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCの寿命を知ることが長く使う秘訣

ゲーミングPC探訪

インフルエンサー向け! Youtubeで成功するおすすめPCガイド

BTOゲーミングPCランキング

パソコン老化診断! 寿命をチェックするための完全ガイド

BTOパソコンはBuild To Orderの略

速攻で覚えるおすすめ「AI PC」選択術 トップパフォーマンスモデル特集

BTOパソコン購入マニュアル

最適なスペックで選ぶ、AI画像生成用のおすすめPC

ちょっとええゲーミングPC

スペックから割り出す! パソコン選びの黄金比とは?

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

タスク達人の選ぶ! おすすめの仕事向けパソコン2024

BTOゲーミングPCランキング

動画編集の鬼になれ! 映像クリエイターのためのパソコン最強構成

BTOパソコンはBuild To Orderの略

初心者必見! 動画編集におすすめのPC選び方

静音PC探求道

パソコン選び方の真髄! おすすめモデルでスマート選択

ゲーミングPC探訪

ゲーミングPC寿命終了?この時が買い替えの合図

BTOパソコン購入マニュアル

映像クリエイターの夢を実現させるパソコン選び完全マスタープラン

ちょっとええゲーミングPC

ゲーミングPCでVRの限界に挑戦! 性能別おすすめモデル

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

YouTube用にカスタマイズ! パワフルなおすすめPC構成

静音PC探求道

さあ飛び込めデジタルアート! WEBデザイナー必携のおすすめパソコン

BTOゲーミングPCランキング

ゲームチェンジャー 生成AIを見据えたおすすめPC紹介

BTOパソコンはBuild To Orderの略

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次