プロエンジニア推薦! おすすめBTOパソコン完全ガイド

目次

BTOパソコン選びの初歩知識

BTOパソコン選びの初歩知識

BTOパソコンの定義って何?

BTOパソコンとは、あなただけのオリジナルな一台を選択することができるパソコンのことです。

言われてみれば、「自作パソコンと何が違うの?」と疑問に思った方もいるかもしれませんが、実は大きな違いがあります。

自作パソコンは、選んだパーツを自分で組み立てる必要がありますが、BTOパソコンはその必要がありません。

専門の業者があなたの希望に基づいてパーツを組み、それを完成品として販売するものです。

つまり、自作パソコンと比べて手間も少なく、安全性も高いのです。

一方で、「選択肢が多すぎてどれを選べばいいのかわからない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

BTOパソコンの最大の魅力は、そのカスタマイズ性にありますが、選び方にはいくつかのポイントがあります。

たとえば、どのパーツを選ぶかによって性能や価格が大きく変わるため、初心者には最初の一歩が難しいかもしれません。

しかし、ここで言いたいのは、一度その魅力に触れてみると「一石二鳥」の発見ができるということです。

すなわち、手頃な価格で自分にピッタリ合ったパソコンを手に入れる喜びです。

例えば、あなたが「高性能なグラフィックボードが必要!」というゲーマーであれば、BTOパソコンではそのニーズに応じたパーツを選ぶことが可能です。

もちろん、ゲームだけでなく、動画編集や3Dモデリングを主に行う方も、CPUやメモリーの性能にこだわることができます。

それでも「本当に自分に合ったものが見つかるのか?」と疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

しかし、BTOパソコンの選び方を少しだけ学べば、この疑問も解消されるはずです。

なぜなら、BTOパソコンを選ぶ際の最大のポイントは、自分の目的に合わせて確実にカスタマイズできることです。

これは大手メーカーの既製品ではなかなかできないことです。

また、BTOパソコンの業者は多くの選択肢を提供しているので、価格帯や性能のバランスを考えながら慎重に選ぶことがポイントです。

いうまでもなく、このように細かくカスタマイズできるのがBTOパソコンの最大のメリットです。

ところが、「初心者には難しそう」と考える方も多いでしょう。

ですが、そんな方におすすめしたいのが、専門スタッフによるアドバイスを受けることです。

多くのBTOパソコン販売業者は、カスタマイズの相談に親身に乗ってくれるので、自分に最適な選択肢を見つける手助けをしてくれます。

これを活用しない手はありませんね。

つまり、BTOパソコンとは自分だけの最高の一台を手に入れる手段であり、その選び方に少し慣れれば、誰でも満足のいく一台を手に入れることができるのです。

ぜひ、BTOパソコンの世界に足を踏み入れてみてください。

既製品とBTOの大きな違い

既製品とBTOパソコンの違いについて、プロエンジニアとしての視点からご説明しましょう。

パソコンを選ぶ際、既製品とBTOパソコンのどちらが良いか悩む方も多いのではないでしょうか。

しかし、それぞれに明確な特徴があるため、用途や目的に合わせて選ぶことが大切です。

まず、既製品パソコンについてですが、これらはメーカーが事前に構成を決定し、量産されたモデルです。

既に完成された状態で市場に出ているので、すぐに使用することができます。

細かいカスタマイズが不要な方、すぐにパソコンを手に入れて仕事や趣味に取り組みたいという方にとっては非常に便利です。

また、既製品はメーカーのサポート体制も整っていることが多く、トラブルが発生したときに安心感があります。

一方、BTOパソコン(Build To Order)は、ユーザーが自分の希望に合わせてパーツを選び、その構成で組み立てられるパソコンです。

これにより、求める性能や用途にピッタリ合わせたマシンを手に入れることが可能です。

「どんな用途にも対応できる完璧なパソコンが欲しい!」という方には、BTOパソコンを選ばない手はありませんね。

たとえば、最新のゲームを楽しむために高性能なグラフィックカードを搭載したい場合や、大容量のメモリやストレージが必要な動画編集用PCが欲しい場合、BTOならそれが実現できるわけです。

とはいうものの、BTOパソコンのカスタマイズにはやはり一定の知識が必要です。

パーツの相性や性能をしっかり理解することができれば、自分だけの最強パソコンを作ることができます。

しかしながら、逆に知識が乏しいと、本末転倒な結果になりかねません。

性能を最大限に引き出すためにも、パーツ選びには十分なリサーチと理解が必要です。

ですが、それを乗り越えて自分なりの理想的な一台を手に入れたときの満足感は格別です。

また、価格面でも違いがあります。

既製品は大量生産のため、ある程度価格が安定している一方、BTOパソコンはパーツごとに価格が変動するため、同じ予算でも性能に大きな差が出ることがあります。

つまり、予算内で最大限の性能を引き出したい、という場合、BTOパソコンは一石二鳥の選択肢と言えるでしょう。

まとめると、既製品パソコンはすぐに利用でき、安心感がありますが、カスタマイズ性には乏しいです。

BTOパソコンはカスタマイズが自由で、自分のニーズに最適なマシンが手に入りますが、知識とリサーチが必要です。

それぞれの特徴を理解し、自分の用途や求める性能に合わせて選ぶことが重要です。

BTOの魅力とは?メリットとデメリット解説

そのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

まず、BTOパソコンの最大の魅力と言えるのは、自分好みのスペックで組める点です。

「パソコンはどれも同じ」と思っている方も多いかもしれませんが、実際は使い方によって必要なスペックは千差万別です。

たとえば、ゲームを快適にプレイしたい方なら高性能なグラフィックボードが必須ですし、動画編集を行う方なら高容量のメモリが欠かせません。

BTOパソコンなら、まさに自分の用途に合わせたパーツを選んで構成することができ、ベストなパフォーマンスを手に入れることができるのです。

また、既製品のパソコンと比べてコストパフォーマンスが良いことも大きなメリットの一つです。

既製品は、メーカーが利益を上乗せして販売しているため、同じスペックでも高くなりがちです。

BTOパソコンであれば、必要なパーツだけに費用をかけることができるため、結果的に無駄な出費を抑えることができます。

「コストを抑えつつ、性能に妥協したくない!」という方にはまさにうってつけです。

しかし、良いことばかりではありません。

BTOパソコンのデメリットもいくつかあります。

まず、選択肢が多すぎて選ぶのが大変ということです。

パーツの種類や性能を詳しく知らないと、自分に合ったパーツを選ぶのは至難の業です。

特に初心者にとっては、どれを選んだら良いのか迷ってしまうことが多いでしょう。

最初は専門知識が必要になるため、抵抗を覚える人もいるでしょう。

さらに、カスタマイズが自由なぶん、メーカー保証が限定的なことが多いです。

既製品ならば、メーカーが全体を保証してくれることが一般的ですが、BTOパソコンの場合、各パーツの保証範囲がバラバラになることが多いです。

故障やトラブルが発生した場合、その対応に時間がかかることも少なくありません。

そして、組み立てにはやや時間がかかる点もデメリットです。

既製品ならば購入してすぐに使えますが、BTOパソコンは注文してから組み立てるまでに時間がかかるため、急いで必要な方には向かないかもしれません。

しかしながら、自分だけのカスタムPCが手に入るというのは、一期一会の喜びを味わえると言えるでしょう。

要するに、BTOパソコンは自分のニーズにぴったり合わせたスペックで、コストパフォーマンスも良く手に入れることができる一方で、選ぶ際の専門知識や保証の薄さ、組み立て時間に関するデメリットも存在します。

注文前にチェック! BTOパソコンのスペックの選び方

注文前にチェック! BTOパソコンのスペックの選び方

最適なCPUの選択方法

BTOパソコンの購入を考えるとき、最適なCPUの選択は非常に重要です。

CPUはパソコンの「心臓部」ともいわれており、性能の良し悪しが全体のパフォーマンスに直結します。

しかし、どのCPUを選べばいいのか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

ここでは、最適なCPUの選び方について詳しく解説していきます。

まず、どのような用途でBTOパソコンを使用するかを明確にする必要があります。

たとえば、普段のネットサーフィンや文書作成、動画視聴がメインであれば、エントリーレベルのCPUでも十分です。

具体的なモデルとしては、Intel Core i3やAMD Ryzen 3が適しています。

このクラスのCPUは基本的なタスクをサクサクとこなせる上、価格も手頃なのでコストパフォーマンスに優れています。

しかし、重たい作業、たとえば高画質の動画編集や最新の3Dゲームを快適に楽しみたいという方には、より高性能なCPUが必要です。

この場合、Intel Core i7やAMD Ryzen 7以上のスペックをおすすめします。

なぜかというと、これらのCPUは多くのコアとスレッドを持ち、高い処理能力が求められるタスクでもスムーズに動作します。

また、マルチタスクを頻繁に行う方にも高性能なCPUが最適です。

たとえば、複数のアプリを同時に立ち上げて作業する場合でも、Core i7やRyzen 7のようなCPUを選べば、処理が遅くなったり、フリーズしたりすることがありません。

実際、これらのCPUを選択すれば、ストレスフリーな作業環境を実現できるわけです。

とはいえ、「CPUの選び方が全く分からない」という方もいるかもしれません。

そんな方におすすめなのが、予算内でできるだけ高性能なモデルを選ぶことです。

なぜなら、将来的な性能不足を防ぐためにも、初期投資として少しでも良いCPUを選ぶことが後々の満足感につながります。

次に、CPUの世代についてもチェックしましょう。

最新世代のCPUは、前世代と比べて性能が向上しているだけでなく、消費電力も抑えられていることが多いです。

少しでも長持ちするパソコンを手に入れたいという方には、最新世代のCPUを選ぶことを強くおすすめします。

たとえば、Intelの第12世代CoreシリーズやAMDのRyzen 5000シリーズは、最新テクノロジーを搭載しており、現行最強クラスの性能を誇ります。

CPUの選択には、多くの考慮すべきポイントがありますが、重要なのは自分の用途に最適なモデルを見極めることです。

これができて初めて「理想のBTOパソコン」 といえるのです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41384 2401 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41333 2343 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41333 2343 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38788 2064 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38712 2036 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35692 2220 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35692 2220 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33934 2194 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33934 2194 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32702 2088 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32702 2088 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29405 2027 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 29003 1957 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27176 2032 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24766 2089 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24766 2089 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22190 1937 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20468 2003 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19606 1925 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17822 1804 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16128 1766 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16128 1766 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15367 1969 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9121 1736 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9121 1736 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

グラフィックボードの選び方でゲーム性能が変わる

BTOパソコンを選ぶ際、グラフィックボード(GPU)の選定は避けて通れない一大決定事項です。

特にゲーミング用途でBTOパソコンを考えているなら、どのGPUを選ぶかで一喜一憂する方も多いのではないでしょうか。

なぜなら、GPUこそがゲームのフレームレートや画質を直接的に左右する重要な部品だからです。

まず、ゲームをスムーズにプレイできるかどうかは、GPUの性能によって大きく変わります。

人気ゲームを高画質で楽しみたい場合は、最新のハイエンドGPUを搭載すれば、疑う余地なく一騎当千の快適なゲーム体験ができるわけです。

しかしながら、予算に制約がある場合はミドルレンジのGPUを選ぶ方が多いでしょう。

主要なゲームタイトルのほとんどは、ミドルレンジのGPUでも十分に動作しますし、コストパフォーマンスに優れています。

さらに、GPUはただ性能だけで選べばいいというわけではありません。

たとえば、省電力や冷却性能、そしてサポートする技術(例:レイトレーシングやVRサポート)など、様々な要素を考慮する必要があります。

具体的には、最新のAAAタイトルをプレイする場合、レイトレーシング対応のGPUを選ぶことが賢明でしょう。

レイトレーシングはリアルな光の挙動を再現する技術であり、これがあるとないとではゲームの臨場感が格段に違います。

また、VRゲームをプレイするなら高いフレームレートと低レイテンシ(遅延)が必須です。

こうした場合、やはりハイエンドのGPUが必要になりますが、高性能なGPUは発熱も多くなるので、適切な冷却システムが組み込まれているかもチェックすべきポイントです。

選択肢には複数のメーカーがあり、それぞれ特徴があります。

NVIDIAのGeForceシリーズなら安定性やドライバの更新頻度が高く評判が良いですが、AMDのRadeonシリーズも価格競争力や一部機能で劣っていません。

どちらを選ぶかは個々のニーズや予算に応じて異なります。

いわば、GPU選びはBTOパソコンの運命を左右する重要な要素です。

適切なGPUを選定することで、最高のゲーム体験を手に入れることができます。

これこそが、BTOパソコンの醍醐味ではないでしょうか。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36336 73613 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30216 72913 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29259 67859 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26282 67044 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23832 55261 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20012 50130 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19320 50774 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18047 45565 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17063 42154 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13518 34370 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13517 34817 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13401 34189 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12518 30171 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10872 31521 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10701 28386 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10692 27311 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7367 19485 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6299 15931 130W 公式 価格

BTOパソコン おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN SR-ar9-9170S/S9

パソコンショップSEVEN SR-ar9-9170S/S9
【SR-ar9-9170S/S9 スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.50GHz(ベース)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ar9-9170S/S9

パソコンショップSEVEN ZEFT R47DA

パソコンショップSEVEN ZEFT R47DA

フルスロットルゲーミングにぴったりのハイバリュースタンダードグレードPC
圧巻のRadeon RX 7600搭載、驚愕のグラフィックスでゲームも作業もスムーズに
スタイリッシュな白いケース、クリアパネルから覗く輝きがデスクトップに映えるモデル
Ryzen 5 7600、最新CPUでタスクは瞬時にレスポンス

【ZEFT R47DA スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードRadeon RX 7600 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R47DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KA

ゲーマーも満足のパフォーマンス、お求めやすいスマートバジェットモデルのゲーミングPC
均整の取れた性能でコスパを追求、16GBメモリと1TBの迅速SSDで快速スペックを実現
コンパクトながらスタイリッシュ、クリアパネルから覗く内部が映えるマイクロタワーケース
心臓部にはIntel Processor 300、安定したパフォーマンスが日々の業務をサポート

【ZEFT Z46KA スペック】
CPUIntel Intel Processor 300 2コア/4スレッド 3.90GHz(ブースト)/3.90GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce GTX1650 (VRAM:4GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KA

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7190A/S9

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7190A/S9
【SR-ii7-7190A/S9 スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
メモリ128GB DDR5 (32GB x4枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット550W 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ii7-7190A/S9

パソコンショップSEVEN SR-ar9-9170S/S9

パソコンショップSEVEN SR-ar9-9170S/S9
【SR-ar9-9170S/S9 スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.50GHz(ベース)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ar9-9170S/S9

パソコンショップSEVEN ZEFT R47DA

パソコンショップSEVEN ZEFT R47DA

フルスロットルゲーミングにぴったりのハイバリュースタンダードグレードPC
圧巻のRadeon RX 7600搭載、驚愕のグラフィックスでゲームも作業もスムーズに
スタイリッシュな白いケース、クリアパネルから覗く輝きがデスクトップに映えるモデル
Ryzen 5 7600、最新CPUでタスクは瞬時にレスポンス

【ZEFT R47DA スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードRadeon RX 7600 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R47DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KA

ゲーマーも満足のパフォーマンス、お求めやすいスマートバジェットモデルのゲーミングPC
均整の取れた性能でコスパを追求、16GBメモリと1TBの迅速SSDで快速スペックを実現
コンパクトながらスタイリッシュ、クリアパネルから覗く内部が映えるマイクロタワーケース
心臓部にはIntel Processor 300、安定したパフォーマンスが日々の業務をサポート

【ZEFT Z46KA スペック】
CPUIntel Intel Processor 300 2コア/4スレッド 3.90GHz(ブースト)/3.90GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce GTX1650 (VRAM:4GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KA

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7190A/S9

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7190A/S9
【SR-ii7-7190A/S9 スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
メモリ128GB DDR5 (32GB x4枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット550W 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ii7-7190A/S9

パソコンショップSEVEN SR-ar9-9170S/S9

パソコンショップSEVEN SR-ar9-9170S/S9
【SR-ar9-9170S/S9 スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.50GHz(ベース)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ar9-9170S/S9

パソコンショップSEVEN ZEFT R47DA

パソコンショップSEVEN ZEFT R47DA

フルスロットルゲーミングにぴったりのハイバリュースタンダードグレードPC
圧巻のRadeon RX 7600搭載、驚愕のグラフィックスでゲームも作業もスムーズに
スタイリッシュな白いケース、クリアパネルから覗く輝きがデスクトップに映えるモデル
Ryzen 5 7600、最新CPUでタスクは瞬時にレスポンス

【ZEFT R47DA スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードRadeon RX 7600 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R47DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KA

ゲーマーも満足のパフォーマンス、お求めやすいスマートバジェットモデルのゲーミングPC
均整の取れた性能でコスパを追求、16GBメモリと1TBの迅速SSDで快速スペックを実現
コンパクトながらスタイリッシュ、クリアパネルから覗く内部が映えるマイクロタワーケース
心臓部にはIntel Processor 300、安定したパフォーマンスが日々の業務をサポート

【ZEFT Z46KA スペック】
CPUIntel Intel Processor 300 2コア/4スレッド 3.90GHz(ブースト)/3.90GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce GTX1650 (VRAM:4GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KA

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7190A/S9

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7190A/S9
【SR-ii7-7190A/S9 スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
メモリ128GB DDR5 (32GB x4枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット550W 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ii7-7190A/S9

パソコンショップSEVEN SR-ar9-9170S/S9

パソコンショップSEVEN SR-ar9-9170S/S9
【SR-ar9-9170S/S9 スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.50GHz(ベース)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ar9-9170S/S9

パソコンショップSEVEN ZEFT R47DA

パソコンショップSEVEN ZEFT R47DA

フルスロットルゲーミングにぴったりのハイバリュースタンダードグレードPC
圧巻のRadeon RX 7600搭載、驚愕のグラフィックスでゲームも作業もスムーズに
スタイリッシュな白いケース、クリアパネルから覗く輝きがデスクトップに映えるモデル
Ryzen 5 7600、最新CPUでタスクは瞬時にレスポンス

【ZEFT R47DA スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードRadeon RX 7600 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R47DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KA

ゲーマーも満足のパフォーマンス、お求めやすいスマートバジェットモデルのゲーミングPC
均整の取れた性能でコスパを追求、16GBメモリと1TBの迅速SSDで快速スペックを実現
コンパクトながらスタイリッシュ、クリアパネルから覗く内部が映えるマイクロタワーケース
心臓部にはIntel Processor 300、安定したパフォーマンスが日々の業務をサポート

【ZEFT Z46KA スペック】
CPUIntel Intel Processor 300 2コア/4スレッド 3.90GHz(ブースト)/3.90GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce GTX1650 (VRAM:4GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KA

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7190A/S9

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7190A/S9
【SR-ii7-7190A/S9 スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
メモリ128GB DDR5 (32GB x4枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット550W 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ii7-7190A/S9

メモリ容量のバランスとは?

メモリはパソコンのパフォーマンスを左右する重要な要素のひとつです。

選び方には慎重さが求められるので、適切なバランスを取ることが必要です。

では、具体的にどう選べばいいのか、少し見ていきましょう。

まず、メモリ容量は使用目的に応じて選ぶべきです。

たとえば、メールチェックやウェブブラウジング、簡単な文書作成だけであれば、8GBのメモリでも十分です。

しかしながら、この程度の利用であれば、物足りなさを感じることは少ないでしょう。

一方で、高度なグラフィック編集や動画編集、3Dモデリングといったリソースを多く使う作業をするなら、16GB以上のメモリが必要です。

「もっと多くのメモリがあればいいに違いない!」と考えるかもしれませんが、それは本末転倒な場合もあります。

メモリが多すぎると無駄になるだけでなく、価格も上がってしまいますからね。

ゲームを楽しむ、特に最新の高スペックを要求するゲームをプレイするのであれば、16GB以上は必須といえるでしょう。

ゲームのパフォーマンスはグラフィックスカードにも依存しますが、メモリが少なすぎるとスムーズに動作しない可能性が高いのです。

また、「もう少し余裕が欲しい」と考える方も多いでしょうから、その場合は32GBを検討してみてください。

さらに、マルチタスクを行う方には、一歩進んで32GBのメモリを搭載することをおすすめします。

多くのアプリケーションを同時に開くことが多いなら、これだけの容量があれば安心です。

でも、日常の利用で32GBも必要かというと、そうでもないことは多いです。

要するに、用途に合わせてバランスよく選ぶことが大切です。

たとえば、DDR4-3200MHzのメモリは一般的ですが、さらなる高速性能を求めるならDDR4-3600MHzやDDR5といった高性能メモリもあります。

ただし、高速メモリは価格が高くなるので、用途に応じたバランスがポイントです。

高速メモリが必ずしもパフォーマンスを劇的に向上させるわけではありませんので、ここも検討が必要です。

総じて、BTOパソコンのメモリ容量の選び方は、慎重に、そしてバランスよく検討しましょう。

一石二鳥の効果を得るために、用途にあわせた最適な容量を選ぶことが成功の鍵です。

ストレージ選びで速度と容量を両立

ストレージ選びはBTOパソコンを最適化する際に欠かせない要素です。

選択の際は、速度と容量を如何に両立させるかが鍵となります。

そこでSSDとHDDの両者を上手く組み合わせることをお勧めします。

SSDは速さが最大の特徴で、OSや頻繁に使用するアプリケーションをインストールするドライブとして最適です。

一方で、HDDはコストパフォーマンスに優れた大容量ストレージとして、大量のデータや稀に使用するファイルの保管場所に適しています。

最高品質のBTOパソコンを目指す際、SSDの容量は最低1TB以上を推奨します。

これにより、システムやアプリケーションの快適な動作空間が確保され、PC全体のレスポンスの向上が期待できます。

一方、HDDは1TB以上を選べば、写真やビデオなどの容量を気にせず保存できるでしょう。

加えて、NVMe対応のM.2 SSDの採用は更なる速度向上を図れます。

これは従来のSATA接続のSSDよりも高速にデータを読み書き可能なため、プロエンジニアやゲーム愛好家には特に喜ばれる選択になります。

さらに重要なポイントとして、ストレージの信頼性と耐久性の高さも重視すべきです。

メジャーブランドの製品を選ぶことで、長期間安定して使用することへの信頼が高まります。

以上のポイントを踏まえたストレージ選びを行うと、長期にわたってパフォーマンスの高いBTOパソコンを維持することができるでしょう。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

パーツごとの選択肢! BTOパソコンカスタマイズ術

パーツごとの選択肢! BTOパソコンカスタマイズ術

ケースとマザーボード PCの土台を選ぶ

BTOパソコンをカスタマイズするときには、ケースとマザーボード選びが重要なステップとなります。

これがPCの土台を成すパーツであり、性能や拡張性に直結するからです。

まず始めに、ケース選びについてお話ししましょう。

実際には、エアフローや静音性、デザインなど、多くの要素が絡んできます。

たとえば、ゲーミング用途で冷却性能を重視するならば、大型の通気性の良いケースを選ぶべきです。

逆に、リビングで静かに使いたいという方には、静音性を追求したケースが向いています。

LEDライティングが施されたケースもあり、見た目にもこだわりたいという方には一押しです。

さて、次にマザーボードについてです。

マザーボードはPCの心臓ともいえるパーツで、選択肢がいくつもあります。

まずは、対応するCPUソケットの種類を確認しましょう。

なぜかというと、使用するCPUが対応するソケットでなければならないからです。

また、RAMスロット数や拡張スロットも要チェックポイントです。

たとえば、将来的にメモリを増設する可能性があるのなら、4スロット以上のタイプを選ぶ方が良いでしょう。

拡張カードを多用する方には、PCIeスロットが多いマザーボードが必須です。

しかも、マザーボードにはさまざまなチップセットが搭載されています。

このチップセットがマザーボードの機能と性能を大きく左右します。

たとえば、高性能なゲーミングマシンを組むならば、オーバークロックに対応したZシリーズのチップセットが候補に上がります。

一方、ビジネス用途で安定性重視ならば、BシリーズやHシリーズも選択肢として考えられます。

とはいえ、注意すべき点もあります。

ケースとマザーボードのサイズが合っているかどうか、これも見逃せない確認ポイントです。

ATX、MicroATX、Mini-ITXなど、サイズ規格が違うため、互換性を確保するためにも、しっかりと確認しましょう。

また、一緒に選びたいパーツとして、ケースファンの取り付け位置や電源ユニットの配置もチェックしておくと、組み立てがスムーズになりますよ。

最終的に、ケースとマザーボード選びは一朝一夕では決まらないものです。

一期一会の気持ちで、自分の用途や将来の拡張性を考慮して選ぶことをおすすめします。

この土台がしっかりしていてこそ、理想のBTOパソコンが完成するのです。


電源ユニット選びで安定稼働

BTOパソコンをカスタマイズする際、電源ユニット選びは些細に見えるかもしれませんが、実は安定稼働に直結する非常に重要なポイントです。

なぜかというと、電源ユニットが不安定だと、他の高性能なパーツがすべて無用の長物になりかねません。

つまり、どれだけ最新型のCPUやGPUを搭載しても、電源がしっかりしていないとパソコン全体のパフォーマンスが発揮できません。

まず、電源ユニットを選ぶ際のワット数に注意してください。

たとえば、ゲーミングという方もいると思いますが、グラフィックボードや複数のハードディスクを取り付けるなら、最低でも700W以上を目安にしましょう。

一方、一般的なオフィス作業に使用するなら、500W前後でも十分かもしれません。

しかしながら、ワット数だけで選べばいいというわけではありません。

電源ユニットの品質も重要です。

というのも、安価な電源ユニットは出力が不安定で、突然のシャットダウンや部品の故障を引き起こすことがあります。

品質の高いユニットを選ぶことで、パソコン全体の寿命が延びることを期待できます。

さらに、80PLUS認証があるかどうかをチェックしましょう。

80PLUS認証は、一定の電力効率を満たしていることを示すもので、省エネ効果が高いだけでなく、発熱が少なく、冷却ファンの音も静かになります。

これにより、パソコンの快適な使用環境を維持できます。

コネクタの数と種類も確認するべきポイントです。

とりわけ最新のグラフィックボードを追加する計画がある場合、必要な電源コネクタが足りないということになりかねません。

適切な数のコネクタが揃っていることをチェックすることで、さらなるカスタマイズもスムーズに進めることができます。

いわば電源ユニット選びはBTOパソコンの心臓選びともいえるのです。

ですから、見逃すことは絶対に避けたいですよね。

コストパフォーマンスを考慮しつつ、信頼性の高い電源ユニットを選ぶことが、パソコンライフを一気に快適にする一石二鳥の方法です。

冷却装置の選択で静かで快適なPC環境を実現

冷却装置は、BTOパソコンをカスタマイズする際に非常に重要な選択肢の一つです。

なぜなら、冷却が適切でないと、パソコンが熱暴走を起こし、パフォーマンスが低下したり、最悪の場合、故障する可能性があるからです。

「冷却装置なんてどれでもいいでしょ?」と考える方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

冷却装置の選択によって、静かで快適なPC環境を実現することができるのです。

まず、冷却装置には空冷と水冷の二種類がありますが、どちらを選ぶかは用途や予算に大きく左右されます。

空冷は、比較的安価で取り付けが簡単です。

しかし、ハイエンドなパーツを多く使っているパソコンには、冷却性能が不足することもあります。

そのため、オーバークロックを楽しむ方や、熱がこもりやすいケースを使用する方には、空冷では不十分かもしれません。

一方の水冷は、冷却性能が非常に高く、パソコン全体を均一に冷やすことができます。

これにより、静音性も格段に向上するのです。

しかし、水冷システムは取り付けが複雑で、初めての方には抵抗を覚えるかもしれません。

それでも性能重視で最高の冷却を求めるのであれば、水冷一択になりますが、安価なモデルも登場しているので、自作PCに挑戦する方も増えています。

ここで「どの冷却装置がいいの?」と疑問に思った方もいるかもしれませんが、予算やスキル次第で選択肢が変わります。

たとえば、静かで高性能な冷却を求めるのであれば、オールインワン型の水冷キットが大変便利です。

これはすでに完成された状態で提供されるため、自作初心者でも比較的簡単に取り付けができます。

また、空冷を選ぶ場合でも、ファンのサイズや静音性、機能性をチェックすることが重要です。

大型のヒートシンクや高静圧のファンを採用することで、冷却性能と静音性を両立させることが可能です。

これらの選択肢をうまく活用すれば、一石二鳥の効果が得られますね。

要するに、冷却装置の選択はパソコンの性能と快適さに直結します。

仕事や趣味で長時間パソコンを使用する方にとって、性能だけでなく、快適に使える環境を整えることは重要です。

冷却装置にこだわることで、パソコンの寿命も延ばすことができるわけですから、冷却装置選びを軽視してはいけませんね。

冷却装置の選択で冷却性能と静音性を両立すれば、快適で長寿命なパソコン環境を実現できます。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

CPUグリスがパフォーマンスに及ぼす影響

CPUグリスの選定は、パフォーマンスに大きな影響を与える要素のひとつです。

皆さんの中には「CPUグリスなんてどれも同じじゃないの?」と疑問をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

しかしながら、選ぶグリスによっては、その効果に大きな違いがあるのです。

まず、なぜCPUグリスが重要かというと、これは冷却効果を最大限に引き出すためです。

CPUとヒートシンクの間には微細な隙間が存在し、その隙間を埋める役割を果たしているのがCPUグリスです。

これにより、熱が効率的にヒートシンクに伝わります。

たとえば、高性能なCPUグリスを使用することで、ヒートシンクとの熱伝導が向上し、結果としてCPUの温度を低く保つことができます。

これが「日進月歩」のIT業界において、パフォーマンスの安定性を確保するための鍵となります。

逆に、質の低いグリスを使ってしまうとせっかくのBTOパソコンの性能が十分に発揮されないことがあるのです。

CPUの冷却が適切にできていない場合、負荷がかかるとすぐに温度が上昇し、サーマルスロットリングが発生します。

これは温度が高くなりすぎたCPUが自動的にクロック速度を下げて温度を下げようとする現象です。

これが発生すると、パフォーマンスが低下し、快適な操作ができなくなってしまうため、絶対に避けたいですよね。

選択肢としては、高性能な金属系グリスやナノダイヤモンドグリスなどがあります。

これらは通常のシリコンベースのグリスよりも優れた熱伝導率を持っているため、おすすめです。

しかし、「高いがいい」というわけではありません。

実際には、用途や予算に応じて選ぶべきです。

例えば、オーバークロックをよく行う場合には高性能なグリスを選ぶのがベストですが、一般的な使用ではそこまで高性能なグリスは必要ないかもしれません。

また、グリスの塗り方も重要です。

適切な量をムラなく塗布することが求められます。

多すぎると逆に熱伝導率が下がり、少なすぎると隙間がうまく埋まりません。

「最適なバランス」がポイントなのです。

さて、これでCPUグリスの重要性、いわばパフォーマンスにどれだけ影響するかをお分かりいただけたかと思います。

これから自分でBTOパソコンをカスタマイズする際には、ぜひ参考にしてください。

分かりやすくご説明しましたが、さらに詳しい情報を求める方は専門サイトやレビューをチェックするのも効果的です。

CPUグリスの選定と塗布、これをしっかり行うことで、一段と快適なパソコンライフを享受することができるわけです。

パフォーマンスアップ! おすすめBTOパソコン特有の機能

パフォーマンスアップ! おすすめBTOパソコン特有の機能

パーツ単位で最新の技術を取り入れる

BTOパソコンの魅力は、何といってもパーツ単位で最新の技術を取り入れられることです。

特にプロのエンジニアが推薦するBTOパソコンは、まさに日進月歩で進化するテクノロジーを最大限に活用しています。

これは、一つひとつのパーツを自分のニーズや用途に合わせて選べるからこその魅力です。

まず、CPUについて述べたいと思います。

性能を求めるのであれば、最新のインテルやAMDのプロセッサを選ぶことが肝心です。

スムーズな作業を実現したい方は多いと思いますが、そのために必要なのは、複数のコアとスレッドを持つ高性能なCPUです。

これにより、複数のタスクを同時にこなすことができ、ストレスフリーで仕事を進められるようになりますよ。

次に、メモリの選定です。

やはり、大容量のメモリが欠かせません。

たとえば、8GBや16GBでは物足りないという方にとって、32GBや64GBのメモリを搭載することで、より快適なパフォーマンスが期待できます。

「メモリは多ければ多いほど良い」とは一概には言えませんが、複数のアプリケーションを同時に開くことが多い方にとって、多めのメモリは必須です。

ストレージに関しても、一考の価値があります。

高速なNVMe SSDは、従来のHDDと比べてデータの読み書き速度が格段に速いです。

これにより、PCの起動時間やファイルの読み込み速度が大幅に短縮され、効率的に作業を進められます。

もはや、HDDだけで満足する時代は過ぎ去りました。

多くのデータを扱う場合は、SSDとHDDの両方を組み合わせる「一挙両得」の方法も検討してみてください。

そして、GPUも見逃せないポイントです。

グラフィックスカードはゲームや映像編集をする方にとって必要不可欠です。

最新のNVIDIAやAMDのグラフィックスカードを選ぶことで、美しい映像表現や高速レンダリングが可能になります。

たとえゲームをしない方でも、デュアルモニターや高解像度ディスプレイを使用する際には、強力なGPUの恩恵を感じられるでしょう。

とはいうものの、選択肢が多すぎて悩むことも事実です。

しかし、この記事を参考にすることで、自分にとって最適なBTOパソコンを選ぶ手助けになるはずです。

最新の技術をパーツ単位で取り入れることができるBTOパソコンは、一度使ったら手放せない存在になること間違いありません。

このポイントを押さえて、最高のBTOパソコンを手に入れてくださいね。

BTOパソコン おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JA

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JA

鮮烈ゲーミングPC、スーペリアバジェットで至高の体験を
優れたVGAと高性能CPU、メモリが調和したスペックの極致
コンパクトなキューブケース、洗練されたホワイトで空間に映えるマシン
最新Ryzen 7が魅せる、驚異的な処理能力のゲーミングモデル

【ZEFT R53JA スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53JA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48B

ハイエンドゲームからプロフェッショナルまで、これがまさにアドバンスドなゲーミングPC
エクセプショナルなグラフィックと先進CPU、理想のバランスで絶頂のパフォーマンスを
コンパクトながらくっきり見せるクリアケース、スタイルを際立てるマシン
ゲームも仕事もスムーズ、Core i7の力で次元が違う快適さを

【ZEFT Z48B スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52A
【ZEFT Z52A スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CH
【ZEFT Z48CH スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CH

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JA

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JA

鮮烈ゲーミングPC、スーペリアバジェットで至高の体験を
優れたVGAと高性能CPU、メモリが調和したスペックの極致
コンパクトなキューブケース、洗練されたホワイトで空間に映えるマシン
最新Ryzen 7が魅せる、驚異的な処理能力のゲーミングモデル

【ZEFT R53JA スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53JA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48B

ハイエンドゲームからプロフェッショナルまで、これがまさにアドバンスドなゲーミングPC
エクセプショナルなグラフィックと先進CPU、理想のバランスで絶頂のパフォーマンスを
コンパクトながらくっきり見せるクリアケース、スタイルを際立てるマシン
ゲームも仕事もスムーズ、Core i7の力で次元が違う快適さを

【ZEFT Z48B スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52A
【ZEFT Z52A スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CH
【ZEFT Z48CH スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CH

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JA

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JA

鮮烈ゲーミングPC、スーペリアバジェットで至高の体験を
優れたVGAと高性能CPU、メモリが調和したスペックの極致
コンパクトなキューブケース、洗練されたホワイトで空間に映えるマシン
最新Ryzen 7が魅せる、驚異的な処理能力のゲーミングモデル

【ZEFT R53JA スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53JA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48B

ハイエンドゲームからプロフェッショナルまで、これがまさにアドバンスドなゲーミングPC
エクセプショナルなグラフィックと先進CPU、理想のバランスで絶頂のパフォーマンスを
コンパクトながらくっきり見せるクリアケース、スタイルを際立てるマシン
ゲームも仕事もスムーズ、Core i7の力で次元が違う快適さを

【ZEFT Z48B スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52A
【ZEFT Z52A スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CH
【ZEFT Z48CH スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CH

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JA

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JA

鮮烈ゲーミングPC、スーペリアバジェットで至高の体験を
優れたVGAと高性能CPU、メモリが調和したスペックの極致
コンパクトなキューブケース、洗練されたホワイトで空間に映えるマシン
最新Ryzen 7が魅せる、驚異的な処理能力のゲーミングモデル

【ZEFT R53JA スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53JA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48B

ハイエンドゲームからプロフェッショナルまで、これがまさにアドバンスドなゲーミングPC
エクセプショナルなグラフィックと先進CPU、理想のバランスで絶頂のパフォーマンスを
コンパクトながらくっきり見せるクリアケース、スタイルを際立てるマシン
ゲームも仕事もスムーズ、Core i7の力で次元が違う快適さを

【ZEFT Z48B スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52A
【ZEFT Z52A スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CH
【ZEFT Z48CH スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CH

オリジナルPCゆえの自由なアップグレード

BTOパソコンの最大の魅力のひとつは、その「自由なアップグレード性」です。

他の既製品PCに比べて、オリジナルPCならではのカスタマイズ性が非常に高いのが特徴です。

たとえば、自分の用途に合わせてどの部分を強化するかを選べるため、CPUやGPUを自分好みにカスタマイズすることができます。

「もっと高性能にしたい!」と思った時に、簡単にパーツを交換することができるのです。

これこそがBTOパソコンの醍醐味といえるでしょう。

また、自由なアップグレードはコスト面でも大きなメリットをもたらします。

というのは、必要な時期に必要なパーツだけを交換すればよいからです。

周期的に新しいパソコンを購入する必要がないため、結果的にコスト効率が良いのです。

例えばグラフィックボードだけを最新のものに交換することで、ゲームや映像編集などのパフォーマンスを飛躍的に向上させることができます。

さらに、BTOパソコンはメンテナンスも簡単です。

というのも、多くのBTOパソコンは内部の構造がシンプルで、洗練されています。

そのため、冷却性能を高めるためのファンの増設や、メモリのアップグレードも手軽に行えます。

「冷却性能を最優先にしたい!」という方もいるかもしれませんが、そういったニーズに合わせた調整も自己完結できるのです。

ところが、自由過ぎる選択肢が逆に困るという方もいるかもしれません。

しかしながら、その自由度こそがボトムアップのクリエイティビティを刺激する要素なのです。

成長するためには環境を自分で整えることが大切です。

オリジナルPCならではの自由なアップグレード性を活かせば、自分だけの最強の一台を構築できるわけです。

一方で、「どのパーツを選べばいいのか?」と悩んでしまうこともありますよね。

そんな方におすすめなのが、まずは自分の使用目的を明確にすることです。

たとえば、動画編集がメインならGPUを重点的に強化しましょう。

ゲーム目的ならば、CPUとグラフィックボードのバランスが重要になります。

このように、目的に応じたパーツ選びを心掛けることが、結果的に最適なBTOパソコン構築への道となるのです。

いわば、オリジナルPCの自由なアップグレードは「千軍万馬」、多くの戦局を経験して磨かれるが如く、その都度最適な選択をして進化させる楽しみがあります。

このように、何度もアップグレードを繰り返しながら、自分だけの最強マシンを作り上げる過程は、非常にやりがいを感じるものであり、BTOパソコンの真骨頂といえるでしょう。

コストパフォーマンスの高いカスタマイズポイント

BTOパソコンのカスタマイズポイントを上手く押さえることで、コストパフォーマンスを大幅に向上させることができます。

費用を抑えつつ、高性能なパソコンを手に入れるためには、どの部分に投資すべきかを理解することが重要です。

ここでは、具体的なカスタマイズのポイントについて詳しくご紹介します。

まず重要なのは、CPUです。

CPUはパソコンの心臓部ともいえる部分で、パフォーマンスに直結します。

しかし、最高スペックのものが必ずしも必要というわけではありません。

多くの方にとって、ミドルレンジのCPUでも十分な性能を発揮します。

たとえば、IntelのCore i5やAMDのRyzen 5シリーズあたりが最適でしょう。

高性能なCPUを選ばなくても、適切なグレードのものを選ぶことで、価格を抑えつつパフォーマンスを確保することができます。

次に考えるべきはメモリです。

メモリ容量はパソコンの動作スピードに大きく影響します。

とはいえ、8GBから16GBの範囲で十分なパフォーマンスを発揮することが分かっています。

余裕があるなら16GBを選んでおくと、多くの用途で快適に使用できるでしょう。

メモリの増設が簡単にできるBTOパソコンも多いため、必要に応じて後から追加することも可能です。

そして注目したいのがストレージです。

ここでの選択がパソコン全体の使用感を大きく左右します。

SSDはHDDに比べて圧倒的に速いため、OSや主要なアプリケーションをSSDにインストールすると快適に動作します。

ここでも、容量は500GB程度で十分な場合が多いですが、大きなデータを扱う方は1TB以上のものを検討してもよいでしょう。

さらに、グラフィックカードについても触れておきます。

用途によって選択が変わってきますが、ゲームや高度なグラフィック処理を行う場合は、専用のグラフィックカードが必要です。

逆に、一般的な業務や軽い画像編集程度であれば、内蔵グラフィックスで十分な場合もあります。

選択肢がいくつもあるので、自分の用途に合わせて最適なものを選ぶと良いでしょう。

最後に電源ユニットです。

意外に見落としがちですが、安定した動作を維持するためには重要なパーツです。

容量が大きすぎても意味がありませんが、余裕を持たせて500W~600W程度のものがおすすめです。

これにより、将来のアップグレードにも対応できますし、安定した電力供給が期待できるため、パソコンの寿命を延ばすことにもつながります。

以上のポイントを押さえて、BTOパソコンをカスタマイズすることで、コストパフォーマンスを最大限に引き上げることができます。

BTOパソコン おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KG
【ZEFT Z46KG スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KG

パソコンショップSEVEN 60T/S7

パソコンショップSEVEN 60T/S7

真のパワーユーザーのためのマシン、16GB DDR5と1TB SSDで、プレミアムな体験を提供
快適な操作性、驚異のレスポンス!650W 80Plus認証で安定したパフォーマンスを実現
クリアサイドパネルが魅せる、MasterBoxのスタイリッシュな筐体でデスクを彩る
Ryzen 9 7950X3D搭載、究極の処理能力でデスクトップの限界に挑戦

【60T/S7 スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X3D 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット550W 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN 60T/S7

パソコンショップSEVEN SR-icl-3060L/S7

パソコンショップSEVEN SR-icl-3060L/S7

ホームオフィス向けのスマートな選択、快適なパフォーマンスを提供するエッセンシャルモデル
見事なバランス!驚異の16GB DDR5と1TB SSD NVMeで作業がサクサク飛躍するPC
スタイリッシュで場所を取らない!コンパクトケースで置き場所を選ばないマシン
Celeron G6900の省エネ&パワーで日々の業務をスムーズにこなすPC

【SR-icl-3060L/S7 スペック】
CPUIntel Celeron Dual-Core G6900 2コア/2スレッド 3.40GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN Chopin Max
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット200W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-icl-3060L/S7

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFC

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFC
【ZEFT R56DFC スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFC

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7160J/S9

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7160J/S9

プロの選択、エクスクルーシブハイグレードPC。ヘビーなタスクも軽々とこなすスーペリアマシン
パワフルCore i7と1TB SSDの組み合わせでスムーズなパフォーマンスを実現するハイスペックモデル
スリムながら卓越した、洗練されたスチールの佇まい。省スペースでオフィスにもピッタリのPC
Core i7-14700搭載。プロフェッショナルな作業が爆速で進むPC

【SR-ii7-7160J/S9 スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースINWIN IW-BL634B/300B2
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット300W 80Plus BRONZE認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ii7-7160J/S9

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KG
【ZEFT Z46KG スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KG

パソコンショップSEVEN 60T/S7

パソコンショップSEVEN 60T/S7

真のパワーユーザーのためのマシン、16GB DDR5と1TB SSDで、プレミアムな体験を提供
快適な操作性、驚異のレスポンス!650W 80Plus認証で安定したパフォーマンスを実現
クリアサイドパネルが魅せる、MasterBoxのスタイリッシュな筐体でデスクを彩る
Ryzen 9 7950X3D搭載、究極の処理能力でデスクトップの限界に挑戦

【60T/S7 スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X3D 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット550W 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN 60T/S7

パソコンショップSEVEN SR-icl-3060L/S7

パソコンショップSEVEN SR-icl-3060L/S7

ホームオフィス向けのスマートな選択、快適なパフォーマンスを提供するエッセンシャルモデル
見事なバランス!驚異の16GB DDR5と1TB SSD NVMeで作業がサクサク飛躍するPC
スタイリッシュで場所を取らない!コンパクトケースで置き場所を選ばないマシン
Celeron G6900の省エネ&パワーで日々の業務をスムーズにこなすPC

【SR-icl-3060L/S7 スペック】
CPUIntel Celeron Dual-Core G6900 2コア/2スレッド 3.40GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN Chopin Max
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット200W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-icl-3060L/S7

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFC

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFC
【ZEFT R56DFC スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFC

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7160J/S9

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7160J/S9

プロの選択、エクスクルーシブハイグレードPC。ヘビーなタスクも軽々とこなすスーペリアマシン
パワフルCore i7と1TB SSDの組み合わせでスムーズなパフォーマンスを実現するハイスペックモデル
スリムながら卓越した、洗練されたスチールの佇まい。省スペースでオフィスにもピッタリのPC
Core i7-14700搭載。プロフェッショナルな作業が爆速で進むPC

【SR-ii7-7160J/S9 スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースINWIN IW-BL634B/300B2
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット300W 80Plus BRONZE認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ii7-7160J/S9

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KG
【ZEFT Z46KG スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KG

パソコンショップSEVEN 60T/S7

パソコンショップSEVEN 60T/S7

真のパワーユーザーのためのマシン、16GB DDR5と1TB SSDで、プレミアムな体験を提供
快適な操作性、驚異のレスポンス!650W 80Plus認証で安定したパフォーマンスを実現
クリアサイドパネルが魅せる、MasterBoxのスタイリッシュな筐体でデスクを彩る
Ryzen 9 7950X3D搭載、究極の処理能力でデスクトップの限界に挑戦

【60T/S7 スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X3D 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット550W 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN 60T/S7

パソコンショップSEVEN SR-icl-3060L/S7

パソコンショップSEVEN SR-icl-3060L/S7

ホームオフィス向けのスマートな選択、快適なパフォーマンスを提供するエッセンシャルモデル
見事なバランス!驚異の16GB DDR5と1TB SSD NVMeで作業がサクサク飛躍するPC
スタイリッシュで場所を取らない!コンパクトケースで置き場所を選ばないマシン
Celeron G6900の省エネ&パワーで日々の業務をスムーズにこなすPC

【SR-icl-3060L/S7 スペック】
CPUIntel Celeron Dual-Core G6900 2コア/2スレッド 3.40GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN Chopin Max
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット200W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-icl-3060L/S7

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFC

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFC
【ZEFT R56DFC スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFC

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7160J/S9

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7160J/S9

プロの選択、エクスクルーシブハイグレードPC。ヘビーなタスクも軽々とこなすスーペリアマシン
パワフルCore i7と1TB SSDの組み合わせでスムーズなパフォーマンスを実現するハイスペックモデル
スリムながら卓越した、洗練されたスチールの佇まい。省スペースでオフィスにもピッタリのPC
Core i7-14700搭載。プロフェッショナルな作業が爆速で進むPC

【SR-ii7-7160J/S9 スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースINWIN IW-BL634B/300B2
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット300W 80Plus BRONZE認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ii7-7160J/S9

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KG
【ZEFT Z46KG スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KG

パソコンショップSEVEN 60T/S7

パソコンショップSEVEN 60T/S7

真のパワーユーザーのためのマシン、16GB DDR5と1TB SSDで、プレミアムな体験を提供
快適な操作性、驚異のレスポンス!650W 80Plus認証で安定したパフォーマンスを実現
クリアサイドパネルが魅せる、MasterBoxのスタイリッシュな筐体でデスクを彩る
Ryzen 9 7950X3D搭載、究極の処理能力でデスクトップの限界に挑戦

【60T/S7 スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X3D 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット550W 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN 60T/S7

パソコンショップSEVEN SR-icl-3060L/S7

パソコンショップSEVEN SR-icl-3060L/S7

ホームオフィス向けのスマートな選択、快適なパフォーマンスを提供するエッセンシャルモデル
見事なバランス!驚異の16GB DDR5と1TB SSD NVMeで作業がサクサク飛躍するPC
スタイリッシュで場所を取らない!コンパクトケースで置き場所を選ばないマシン
Celeron G6900の省エネ&パワーで日々の業務をスムーズにこなすPC

【SR-icl-3060L/S7 スペック】
CPUIntel Celeron Dual-Core G6900 2コア/2スレッド 3.40GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN Chopin Max
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット200W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-icl-3060L/S7

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFC

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFC
【ZEFT R56DFC スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFC

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7160J/S9

パソコンショップSEVEN SR-ii7-7160J/S9

プロの選択、エクスクルーシブハイグレードPC。ヘビーなタスクも軽々とこなすスーペリアマシン
パワフルCore i7と1TB SSDの組み合わせでスムーズなパフォーマンスを実現するハイスペックモデル
スリムながら卓越した、洗練されたスチールの佇まい。省スペースでオフィスにもピッタリのPC
Core i7-14700搭載。プロフェッショナルな作業が爆速で進むPC

【SR-ii7-7160J/S9 スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースINWIN IW-BL634B/300B2
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット300W 80Plus BRONZE認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN SR-ii7-7160J/S9

BTOパソコンの専門用途別おすすめ構成

BTOパソコンの専門用途別おすすめ構成

ゲーマーに最適なゲーミングPC構成

ゲーマーに最適なゲーミングPC構成について、まず強調したいのはグラフィックカードです。

ゲームの美しいグラフィックスやスムーズな動作を実現するためには、最新のGPUを搭載する必要があります。

たとえば、NVIDIAのGeForce RTXシリーズが要注目です。

特にRTX4080やRTX4090などは、高性能でありながらもコストパフォーマンスに優れていますよ。

一刻も早くゲームを楽しみたい方には最適ですね。

次に大切なのはCPUです。

高性能なグラフィックカードを搭載していたとしても、CPUがボトルネックになるとゲームのパフォーマンスが低下してしまいます。

そこでおすすめなのが、Intelのi7やi9、AMDのRyzen 5やRyzen 7です。

これらのプロセッサーは、複数のタスクを並行して処理でき、ゲームにおいても滑らかな操作感を提供します。

また、メモリも忘れてはなりません。

後悔のないゲーム体験をするためには、最低でも16GBのRAMが必要です。

なぜかというと、最新のゲームは多くのメモリを消費するため、8GBでは不十分なことが多いです。

しかも、余裕がある場合は32GBにアップグレードすることで、より多くのアプリケーションを同時に動かすことができます。

要するに、多めのメモリを確保することで、ゲームプレイ中のストレスを軽減できるのです。

そして、ストレージについても触れておきましょう。

HDDではなく、SSDを選ぶことを強く推奨します。

特にNVMe SSDは高速で、ゲームの起動時間やロード時間を大幅に短縮することができます。

ゲームをプレイしている最中にロード時間を待つのは、時間の無駄と感じる方も多いでしょう。

「NVMe SSDを搭載すれば、そのストレスから解放されること間違いなしです」。

モニターやキーボード、マウスなどの周辺機器も重要です。

ゲーマーの多くは高リフレッシュレートのモニターを好みます。

たとえば、144Hzや240Hzのモニターを選ぶことで、映像が滑らかになり、FPSゲームなどでのエイムも向上します。

しかも、応答速度の速いゲーミングマウスや、打鍵感が魅力のメカニカルキーボードを揃えることで、ゲームの没入感がさらに高まります。

一石二鳥の効果を発揮するために、これらの周辺機器もしっかりと選んでいきましょう。

最後に冷却システムについても触れておきます。

高性能なパーツを搭載すると、どうしても発熱が気になります。

クーラーやケースファン、あるいは水冷システムを導入することで、安定したパフォーマンスを維持することができます。

冷却システムがしっかり機能しているかどうかをチェックしましょう。

なぜなら、オーバーヒートはPCの寿命を縮めるだけでなく、ゲーム中にクラッシュするリスクも高まるからです。

このように、ゲーマーに最適なゲーミングPC構成についてお話ししました。


クリエイターが求める性能のPC

クリエイターが求める性能のPCを選ぶ際には、まず目的に合ったパーツ構成をしっかり考えることが重要です。

動画編集や3Dレンダリング、グラフィックデザインなど、異なるクリエイティブ作業にはそれぞれ必要な性能が異なります。

この記事では、クリエイター向けのBTOパソコンを選ぶ際のポイントについてご紹介していきます。

まず、動画編集を主に行う場合、高性能なCPUが必要になります。

特に、マルチコア性能が高いCPUを選ぶことが必須です。

なぜなら、動画編集ソフトウェアは多くの場合、複数のコアを活用してレンダリングを行うためです。

「高性能なCPUなんて要るの?」と疑問に思った方もいるかもしれませんが、実際、編集時間が大幅に短縮されることが分かっています。

また、動画編集ソフトにはメモリ容量も重要で、最低でも32GBは欲しいところです。

なぜかというと、動画編集では大量のデータを一時保管するため、メモリ容量が大きいほどスムーズに作業が進むからです。

グラフィックデザインやイラスト制作を行うクリエイターには、高解像度のディスプレイと高性能なグラフィックボードが必要です。

たとえば、色の再現性が高いAdobe RGBカバー率の高いディスプレイがあると、作品の仕上がりが格段に向上します。

とはいうものの、ディスプレイだけ良ければ良いというわけではありません。

優れたグラフィックボードを選ぶことも大切です。

GPUが強力であれば、デザインソフトの動作が滑らかになりますし、複雑なエフェクトの適用もサクサクとこなせるようになります。

次に、3Dモデリングやレンダリングを行うクリエイターに必要な性能についてです。

3D作業にはCPU、GPUともに非常に高い性能が求められます。

特に、リアルタイムでのプレビューやライティング調整を行う際には、高性能なGPUが欠かせません。

たとえば、NVIDIAのGeForce RTXシリーズは、その優れた処理能力で多くのクリエイターに支持されています。

しかしながら、ただ高性能なGPUを搭載するだけではなく、冷却システムも注意深く選ぶ必要があります。

というのも、3Dレンダリングは長時間にわたる作業が多いため、冷却性能が不十分だとパソコンの故障リスクが高まるからです。

さらに、全てのクリエイターに共通して必要な要素として、ストレージの速さと容量が挙げられます。

大容量のデータを高速で読み書きできるSSDを搭載することは、一石二鳥ともいえます。

たとえば、M.2 NVMe SSDは読書速度が格段に速く、大量のプロジェクトファイルを扱うクリエイターには必須です。

容量については、1TB以上を確保することで、ストレージ切れを防ぐことができます。

要するに、クリエイティブな作業を効率的に進めるためには、その用途に特化した性能を持つBTOパソコンを選ぶことが大切です。

適切なCPU、メモリ、GPU、ストレージを選んで、一段上のクリエイティブライフを実現しましょう。

実況・配信向けPCの要点

実況・配信向けPCの要点についてご紹介していきます。

実況や配信をメインに考える方にとって、最適なBTOパソコンの構成を見極めることは重要です。

というのは、ストリーミングの質や安定性が視聴者の満足度に直結するからです。

まず、CPUは重要な要素です。

配信中に高負荷なゲームやソフトを同時に動かすことが多いので、少なくとも8コア12スレッド以上のCPUが望ましいです。

たとえば、Intel Core i7やAMD Ryzen 7シリーズあたりがウケますね。

このクラスのCPUを搭載すれば、配信中でもスムーズな操作が可能になりますよ!

次に、GPUについてお話ししましょう。

配信者にとって、グラフィックスが美しいことも大切です。

特に最新のゲームを高画質でプレイしながら配信するには、GeForce RTX4060以上が推奨されます。

なぜかというと、NVIDIAのNVENCエンコーダーを利用すれば、配信の負荷を軽減できるからです。

「画面がカクカクする」といった事態を避けられるのは大きなメリットです。

メモリもおろそかにはできません。

実況や配信は多くのデータをリアルタイムで処理しますので、16GB以上を推奨します。

しかも、可能であれば32GBにしておいた方が安心です。

なぜなら、メモリが足りないとゲームのパフォーマンスや配信の品質が低下する可能性があるからです。

安定した配信環境を整えるためには、「メモリは多めに!」が鉄則です。

ストレージに関しても見逃せません。

配信に使うソフトウェアやゲームデータは大きな容量を必要とします。

そこで、SSDとHDDのデュアル構成が理想的です。

SSDにはOSや頻繁に使用するソフトを、HDDにはその他のデータを保存することで、一石二鳥の効果があります。

スピードと容量、どちらも妥協しない選択肢です。

最後に、冷却システムも重要です。

配信中は長時間パソコンを稼働させることが多く、熱がこもりやすいです。

適切な冷却を行わないと、パフォーマンスが低下し寿命も縮んでしまうことがあるからです。

高品質なCPUクーラーやケースファンを選ぶことをお勧めします。

以上、実況・配信向けBTOパソコンの要点を押さえてみました。

テレワークに最適なPC構成とは?

テレワークにおける最適なPC構成について考えると、一台のパソコンがあなたのワークフローをどれだけ効率化できるかが重要です。

限られたスペースで快適に仕事を進めたい、そんな方が多いのではないでしょうか。

以下のポイントを押さえた構成を検討すると、テレワークがさらに快適になるはずです。

まず、CPUには高性能なものを選びましょう。

具体的には、Intel Core i5 もしくは AMD Ryzen 5クラスのプロセッサがおすすめです。

なぜなら、これらのCPUはマルチタスク性能に優れており、複数のアプリケーションを同時に動かす際にもストレスを感じにくいからです。

特にビデオ会議やメール、ドキュメント編集等の業務では、CPUの性能が作業効率に直結します。

次にメモリ(RAM)ですが、8GBから16GBを目安に選択するとよいでしょう。

少ないメモリではアプリケーションの起動速度が遅くなり、ストレスを感じてしまうことが多いです。

「16GBも必要なの?」と疑問に思った方もいるかもしれませんが、特にブラウジングやビデオ会議ソフトが増えると、メモリ使用量が増加します。

そのため、余裕を持って16GBにしておくのが無難です。

ストレージについては、SSDを選ぶのが一択になります。

HDDに比べて圧倒的な速さを誇りますので、特に大容量データの保存や転送が頻繁な方はSSDの恩恵を実感できるでしょう。

512GBのSSDがあれば、一般的な業務用途で十分な容量を確保できます。

ディスプレイについて考慮する際は、フルHD(1920×1080)の解像度を持つものを選ぶと見やすいですよ。

作業の効率を考えると、外部モニターを追加するのも効果的です。

デュアルディスプレイ環境を整えると、複数のウィンドウを同時に開いて比較検討しやすくなります。

また、グラフィック性能は専用のグラフィックカードは不要だという方もいると思います。

多くの場合、内蔵グラフィックスで十分事足りるでしょう。

コスト面も考慮すると、これが一石二鳥ともいえます。

加えて、長時間の作業でも快適に使用できるよう、静音性の高いキーボードやマウスを使用するのもおすすめです。

テレワークの環境を整える上で、耳に優しい音環境は非常に重要です。

さらに、インターネット接続の安定性も重要です。

内蔵のWi-Fi 6対応ネットワークカードを選ぶと、安定した高速インターネット接続が確保できます。

これにより、オンライン会議中の遅延や切断の心配も減り、スムーズなコミュニケーションが可能になります。

このように、テレワークに最適なPC構成を選ぶことは、業務効率を大幅に向上させる鍵となります。

予算別! 適切なBTOパソコングレードの選び方

予算別! 適切なBTOパソコングレードの選び方

ハイエンドグレードで追求する最先端性能

ハイエンドグレードのBTOパソコンは、まさに最先端の性能を追い求める方々にとって欠かせない存在です。

たとえば、ゲームを最高画質で楽しみたいゲーマー、またデータ処理のスピードを重視するエンジニアなど、用途に合わせたスペックが求められることでしょう。

では、そうしたハイエンドBTOパソコンを選ぶ際に意識すべきポイントについて詳しく見ていきましょう。

まず、CPUの選定は非常に重要です。

多くの作業を同時に行うためには、コア数とスレッド数が多いものが求められます。

なぜなら、より多くのデータを並列に処理できるため、作業効率が飛躍的に向上するのです。

具体的にはIntelのCore i9やAMDのRyzen 9がおすすめです。

これらのプロセッサは、その圧倒的な処理能力で、どんな重たい作業も軽々とこなしてくれます。

次に、グラフィックカードです。

とはいうものの、ただ高性能なものを選べばいいというわけではありません。

使用目的に応じたバランスを考えることも大切です。

たとえば、ゲーマーの場合、NVIDIAのGeForce RTX4080以上のモデルが必須です。

これによって、最新の高画質ゲームも最高のフレームレートで楽しむことができるでしょう。

一方、ストレージも重要な要素です。

データの読み書き速度が作業の速さに直結するからです。

最新のNVMe SSDを搭載すれば、起動時間やファイルの転送速度が大幅に短縮されます。

ただし、容量も充分に確保しておくことが必要です。

容量が不足すると、せっかくの高速ストレージもパフォーマンスを発揮できませんので、最低でも1TB以上のものを選ぶと安心です。

さらに、メモリも過小評価してはなりません。

多くのアプリケーションを同時に動かすには、大容量のメモリが不可欠です。

32GB以上を搭載すれば、今後のアップデートや新たなソフトウェアの導入にも柔軟に対応できます。

これはまさに百戦錬磨の装備といえるでしょう。

なお、冷却システムも重要です。

というのも、高性能なパーツは多くの熱を発生させるため、適切な冷却がないとパフォーマンスが低下することがあるからです。

水冷キットや効果的なファン配置を採用することで、安定した動作を維持できます。

これは、長時間にわたって快適に使用するための基本です。

最後に、電源ユニットの選定です。

高性能なパーツを動かすためには、充分な電力が必要です。

800W以上の高品質な電源ユニットを選ぶことが望ましいでしょう。

これにより、電力不足によるトラブルを未然に防ぐことができます。

上記のポイントをしっかりと押さえれば、ハイエンドグレードのBTOパソコンを選ぶ際に失敗することはありませんよ。

コストバランス抜群! ミドルレンジの選択

「コストバランス抜群!

ミドルレンジのBTOパソコンは、性能とコストのバランスが絶妙で、多くのユーザーに愛されているのです。

なぜなら、ハイエンドモデルと比べて手が届きやすく、なおかつ十分なパフォーマンスを発揮するコンポーネントが組み込まれているからです。

たとえば、最新のゲームやビジュアルデザイン用のソフトウェア、そしてマルチタスク処理を行いたいという方には、ミドルレンジのBTOパソコンがおすすめです。

このクラスのパソコンは、主にIntel Core i5やAMD Ryzen 5クラスのCPU、16GBのメモリ、そしてNVIDIA GeForce RTX4060やRTX3050といったミドルクラスのグラフィックカードが搭載されていることが多いです。

「そうは言っても、本当にミドルレンジでいいの?」と疑問に思った方もいるかもしれませんが、ここが「一挙両得」のポイントです。

このクラスのパソコンなら、高品質なパフォーマンスを享受する一方、高価なモデルを購入する場合と比べて予算を大幅に節約することができるのです。

さらに、ミドルレンジのBTOパソコンを選ぶことで、カスタマイズの自由度も広がります。

たとえば、必要に応じてメモリを増設したり、SSDを追加することで、さらなる速度や快適さを手に入れることも可能です。

「あれもこれも」とカスタム可能な点が、ミドルレンジの強みといえます。

また、アップグレード可能性も考慮してみてください。

将来的にハイエンドパーツを追加したり、性能向上を目指す場合でも、ミドルレンジのBTOパソコンは柔軟に対応できます。

これなら「買い替えなきゃ!」と慌てる必要もほとんどありません。

とはいうものの、「自分に合うミドルレンジのBTOパソコンを選べるかな?」と不安を感じる方もいるでしょう。

しかし、現在のBTOメーカーは非常に多岐亡羊のソリューションを提供しており、自分の用途や好みに合ったパソコンを容易に見つけることができます。

要するに、ミドルレンジのBTOパソコンを選ぶことで、コストパフォーマンスに優れたパフォーマンスを手に入れることができ、さらに将来的なアップグレードの柔軟性も確保できるわけです。

いわば、ミドルレンジは予算と性能のバランスを巧妙に捉えたスマートな選択と言えるでしょう。

入門者向け エントリーグレードの魅力

入門者向けにエントリーグレードのBTOパソコンを選ぶ理由ですが、入門者としては、まず自分のスキルレベルに合ったパソコンを選ぶことが重要です。

高性能なハイエンドモデルに惹かれるかもしれませんが、最初はシンプルで手ごろな価格のエントリーグレードから始めるのが賢明でしょう。

エントリーグレードのBTOパソコンには、意外と多くのメリットがあります。

というのも、エントリーモデルは、基本的な操作や一般的なソフトウェアの動作に支障がないように設計されています。

これは、高価なコンポーネントを備えたハイエンドモデルに比べて、日常的な使用には十分すぎる性能を持っているからです。

まず、予算に限りがある方にとっては価格と性能のバランスが非常に良いです。

なぜかというと、必要最低限のスペックを維持しつつ、コストを抑えた製品になっているからです。

さらに、エントリーグレードのパソコンは、カスタマイズの手軽さも魅力の一つです。

将来的にスキルが上がってきたときに、部分的にパーツをアップグレードすることも可能です。

これは、パソコンの用途が変わってきたときにも、柔軟に対応できるという一石二鳥のメリットがあります。

また、エントリーモデルはシンプルな設計になっているため、故障した時にも対応がしやすいです。

初心者の方には修理やトラブルシューティングが難しいと感じるかもしれませんが、エントリーモデルであれば比較的対応しやすいというのもポイントです。

また、エントリーグレードのBTOパソコンは、余計なソフトウェアが少なく、操作性がシンプルなのも特徴です。

高価なモデルは多機能である反面、使いこなすのが難しく感じる方も少なくありません。

入門者にとっては、まず基本的な使い方を習得することが重要であり、そのために複雑なソフトウェアは不要です。

シンプルで直感的な操作感があることで、ストレスなく使い始めることができるのです。

とはいえ、性能が低いというわけではありません。

例えば、軽い作業や日常的なタスク、ウェブブラウジング、動画の視聴などの基本的な使用においては、エントリーグレードで全く問題ありません。

もちろん、最新のゲームや高度なグラフィック処理を求めると話は別ですが、初めてのBTOパソコンとしては非常に適しています。

要するに、エントリーグレードのBTOパソコンは、初めての一台として非常にバランスの良い選択肢です。

こだわりのカスタマイズ! BTOパソコンの秘訣

こだわりのカスタマイズ! BTOパソコンの秘訣

CPUカスタマイズで差をつける

BTOパソコンをカスタマイズする際、最も重要なパーツの一つがCPUです。

プロエンジニアにとって、その選択肢は非常に多岐にわたるため、選び方に迷う方も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて、CPUカスタマイズの秘訣をご紹介します。

まず、CPUの性能が直接パソコンの処理速度に影響することはよく知られていますよね。

そのため、どのCPUを選ぶかが非常に重要です。

ハイスペックな作業が要求される場合、高性能なCPUを選ぶ必要があります。

しかし、高性能だからといって大きな投資をするのが最善とは限りません。

たとえば、日常的にブラウジングや軽い動画編集程度しか行わないのであれば、ミドルレンジのCPUでも十分にパフォーマンスを発揮できます。

要するに、用途に応じたスペック選びが鍵となるのです。

これを踏まえて、自分の作業スタイルをよく考え、最適なCPUを選びましょう。

次に、CPUの選定には将来の拡張性も頭に入れておくべきです。

なぜかというと、テクノロジーは日進月歩で進化しており、最新のCPUがすぐに旧型になってしまうからです。

そのため、ある程度の余裕を持たせた選択をするのが賢明でしょう。

とはいうものの、必ずしも最上位のモデルを選ぶ必要はありません。

自分の予算と必要性に応じたバランスを見つけることが大切です。

また、CPUの冷却性能も見逃せないポイントです。

高性能なCPUは高い発熱量を持ちますので、冷却システムがしっかりしていないと、パフォーマンスに悪影響を与えることがあります。

これを避けるためには、品質の高いクーラーを選ぶことが必要です。

快適に作業を行うためにも、冷却性能は妥協せずに選びましょう。

さらに、CPUのオーバークロックも考慮に入れておくとよいでしょう。

オーバークロックを行うことで、さらに高いパフォーマンスを引き出すことができますが、冷却システムに対する負荷も増します。

したがって、オーバークロックを計画している場合は、冷却性能を強化する準備も併せて行うべきです。

要するに、CPUカスタマイズには多岐にわたる要素を考慮することが重要です。

適切な選択を行えば、一挙両得で理想的なパフォーマンスを手に入れることができます。

自分にぴったりのCPUを見つけ、最高のパソコン環境を実現しましょう。


グラフィックボード強化で映像美を追求

BTOパソコンのカスタマイズにおいて、グラフィックボードの強化は絶対に欠かせない要素です。

なぜなら、グラフィックボードは映像美を追求する上で最も重要な部品の一つだからです。

「映像のクオリティにこだわりたい!」と考える方は多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、BTOパソコンの特化型カスタマイズです。

まず、映像制作やゲームを本格的に楽しむためには、高性能なグラフィックボードが必要です。

一般的な用途であれば、その差を感じることが少ないかもしれないが、高解像度の映像を楽しむ場合や最新の3Dゲームをプレイする時には、一目瞭然です。

高性能なグラフィックボードを搭載することによって、色鮮やかでリアルな映像表現が可能になりますよ。

「どのグラフィックボードを選べばいいの?」と疑問に思った方もいるかもしれませんが、まずは自分の用途に応じて選ぶことが大切です。

たとえば、動画編集やCG制作にはNVIDIAのGeForce RTXシリーズが推奨されています。

これは、リアルタイムレイトレーシング技術によって、光の反射や影の表現が極めてリアルだからです。

ただし、高性能な部品を選べばいいというわけではありません。

自分の用途に適したモデルを選ぶことが重要です。

一方、「ゲーム用のグラフィックボードは?」と考える方も多いでしょう。

ゲームをプレイするのであれば、同じくNVIDIAのGeForceシリーズやAMDのRadeonシリーズが一般的に選ばれます。

特に、4K解像度や高リフレッシュレートのモニターを使用する方には、高性能なグラフィックボードが求められるのが当たり前になっていますね。

これらの部品を実践すれば、ゲームの世界に没頭できるようになりますよ!

また、予算が限られている場合は、コストパフォーマンスの良いモデルを選ぶのも効果的です。

「高性能なモデルは手が届かない」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

しかし、ミッドレンジのグラフィックボードでも十分に高品質な映像を楽しむことができます。

要するに、自分のスタイルと予算に合わせて最適な選択をするのが肝要なのです。

ぜひ、この情報を参考にして、自分だけのBTOパソコンをカスタマイズしてみてください。

一度手に入れたら、その圧倒的な映像美とパフォーマンスに驚くこと間違いなしです!

追加ファンで冷却性能アップ

パソコンを快適に動かす上で重要なのが冷却性能です。

特にBTOパソコンはオリジナルのカスタマイズがしやすいため、ユーザーのこだわりに応じて部品を選び、最適な熱管理ができるようにすることが可能です。

冷却ファンの追加は、その中でも手軽かつ効果の高い方法として注目されています。

高性能なプロセッサーやグラフィックスカードを搭載している場合、機器からの排熱量も多くなります。

この熱を効率的に外部に逃がすことができなければ、パソコンの性能は落ちるばかりか、硬い組成物の異常な加熱によって長期的なダメージが生じかねません。

こうしたリスクを避けるため、追加ファンを設置し冷却機能を強化することは、性能維持だけでなく、デバイスの寿命を延ばすのに役立ちます。

追加のファンとして選べるのは、ケースファンやCPUファン、GPUファンなど多岐にわたります。

ケースファンは、パソコン全体の空気循環を改善し熱を排出しますが、CPUファンやGPUファンのような特定の部品向け冷却ファンは、その部品の発熱に特化して効率的に冷却します。

これらはいずれもBTOパソコンのカスタマイズ時に重要な選択肢であり、システムのバランスを考えつつ、使用するソフトウェアや作業内容に基づき最適なファン構成を計画することがセンスを感じさせます。

さらに、ファンの種類によっては静音性に優れたモデルもあり、冷却性能のアップと静かな作業環境の確保の両方を実現できるため、なるべく騒音を抑えたい環境では適切なファンを選ぶことが肝心です。

適切な冷却ファンを追加することで、BTOパソコンの性能を最大限に引き出し、長時間の快適な作業が可能になるでしょう。

BTOパソコン選びの重要ポイント

BTOパソコン選びの重要ポイント

ケース選びで決まるデザインと拡張性

BTOパソコン選びの中でも、ケース選びは非常に重要です。

なぜかというと、ケースはPCの外観を決定するだけでなく、内部の拡張性や冷却性能にも大きく影響を与えるからです。

とりわけ、デザイン性と拡張性のバランスを取ることが求められます。

「ケース選びなんて後回しでいいや」と思う方もいるかもしれませんが、その考えは百戦錬磨のプロエンジニアにとってはわかり得ない選択です。

まずデザインについてですが、これは見た目を重視する方にとっては譲れないポイントですよね。

現在のBTOパソコン市場には、豪華絢爛なRGBライティングを搭載したケースや、ミニマルデザインで洗練された印象を与えるケースなど、多岐にわたるデザインが存在します。

この豊富な選択肢の中から、自分の好みや部屋のインテリアに合ったケースを選ぶことで、パソコンライフが一層楽しくなること間違いありません。

次に考慮するべきは拡張性です。

とはいうものの、デザイン重視で選んでしまうと、後から「拡張スロットが足りない!」なんてこともあり得ますので注意が必要です。

たとえば、将来的により性能の高いGPUを取り付けたい場合、そのGPUが収まるだけの十分なスペースがケースにあるかどうかを確認することが重要です。

加えて、冷却システムの配置や、お使いのマザーボードとケースの適合性も考慮すべき点です。

また、ケースの材質や構造も見逃せません。

多くのケースがスチールやアルミで作られていますが、それによって重さや熱の放散性が変わってきます。

素材の違いによる冷却性能の違いもありますので、性能重視の方には特に気にしていただきたいポイントです。

そして、配線の管理がしやすいケースを選ぶことも大切です。

隠し配線のスペースがしっかり確保されているケースは見た目がスッキリするだけでなく、エアフローの改善にも寄与します。

これは、パソコンの寿命を延ばし、安定した動作を維持するためには欠かせません。

要するに、ケース選びは単に見た目の問題だけではなく、パフォーマンスにも直結する重要な要素です。

拡張性、冷却性、そしてデザイン性を考慮に入れ、自分に最適なケースを選ぶことが、良いBTOパソコンを手に入れるための鍵だと言えるでしょう。

CPUグリスの種類とパフォーマンスへの影響

CPUグリスの重要性を理解しないと、BTOパソコンの性能を最大限に引き出すことは難しいでしょう。

CPUはパソコンの心臓部ともいえる重要な部品。

高負荷になると大量の熱を発生します。

この熱を効率よく放散するために使われるのがCPUグリスです。

BTOパソコンでパフォーマンスを重視するなら、ぜひCPUグリスの種類とその影響を押さえておきましょう。

まず、CPUグリスにはいくつかの種類があります。

最も一般的なのはシリコングリスですが、上級者には金属系のグリスを好む方も多いです。

なぜかというと、金属系のグリスは熱伝導率が非常に高く、CPUからヒートシンクへの熱移動が効率的に行われるからです。

これにより、システム全体の冷却性能が向上し、長時間の高負荷作業でも安定した動作を期待できます。

一方で、シリコングリスも悪くありません。

特にメンテナンスが容易で、再塗布がしやすいメリットがあります。

それに加えて、金属系グリスと比較して価格が手頃であり、特に初心者には扱いやすいです。

しかしながら、熱伝導率は金属系グリスに劣るため、冷却性能で一歩劣ることもあるのです。

また、硬化しにくいナノダイヤモンド配合のグリスもあります。

これも高価格帯で、しかし非常に高性能です。

つまり、どのグリスを選ぶかによってパフォーマンスや維持のしやすさが大きく変わってくるのです。

これは単なるオプション選びではなく、BTOパソコンをカスタマイズする際に非常に重要なポイントです。

抵抗を覚える人もいるでしょうが、CPUグリスの塗布は簡単な作業ですし、何度か試せば自分に合った方法を見つけることができます。

一騎当千のスキルを磨くなら、ぜひトライしてみてください。

熱伝導率だけでなく、適用温度範囲や不浸出性など、細かいスペックにも目を向けることが、最終的に最適なグリス選びにつながります。

もちろん、一度塗って完了とは言えません。

定期的なメンテナンスが鍵となります。

というのも、CPUグリスは時間とともに劣化し、その効力が低下してしまいます。

これを防ぐために、半年から一年ごとにチェックし、必要に応じて再塗布することを推奨します。

これを実践すれば、BTOパソコンの性能を維持し続けることができるようになりますよ!

まとめると、BTOパソコンにおいてCPUグリスの選び方は性能に直結する重要な要素です。

適切なグリスを選び、しっかりと塗布すれば、長時間安定したパフォーマンスを発揮することができます。

これからBTOパソコンを選ぶのであれば、CPUグリスの選択肢にも目を向けて、自分に最適な一台を見つけてください。

マザーボードの厳選で将来性を保証

BTOパソコンを選ぶ際、マザーボードの選定は未来のパフォーマンスに大きく影響します。

なぜかというと、マザーボードは全てのパーツの基盤であり、その性能が高ければシステム全体の拡張性や長寿命が期待できるからです。

まず、最重要なのが対応可能なチップセットです。

最新のCPUに対応するマザーボードを選ぶには、最新のチップセットを選定する必要があります。

新しい技術が集まるこの部分を見逃すと、後々のアップグレードが困難になってしまいますよね。

また、拡張スロットの数や種類も注目すべき点です。

というのは、将来的にグラフィックカードやSSDを追加したいとなった時に、スロットが足りなければそれだけで計画が頓挫するからです。

余裕をもったスロット数を持つマザーボードを選ぶことが、一石二鳥の効果を生むのです。

さらに、メモリのサポートも重要です。

マザーボードによっては高速度のメモリをサポートしないものあります。

メモリの性能が低ければ、せっかくの高速CPUも十分に活かせないことが分かっています。

だからこそ、十分なメモリ速度と容量に対応したマザーボードを選ぶべきです。

それだけではありません。

冷却性能も意識しましょう。

高性能なパーツが集まると、当然発熱も上がります。

しかしながら、しっかりした冷却システムを持つマザーボードなら、これを効率的に冷却できます。

これによってパフォーマンスを長時間維持できるわけです。

また、BIOSやUEFIのアップデートが簡単に行えるマザーボードが良いです。

これにより、新しい機能やパーツに対応することが可能で、システムの寿命を延ばせます。

驚くほど便利なアップデート機能があると、日進月歩の技術進化にも柔軟に対応できるのです。

マザーボード選びに困った際には、こうした点を考慮してください。

これだけ多くの要素を考慮して初めて「良い選択」といえるのです。

マザーボードがBTOパソコン全体の動きを制することは少なくありません。

将来を見据えるなら今、適切な選定が必要です。

SEOを意識したBTOパソコンのトレンド

SEOを意識したBTOパソコンのトレンド

今、求められる静音性能の実態とは

静音性能が高いBTOパソコンは、近年のトレンドとして注目を集めています。

エンジニアやクリエイターだけでなく、一般ユーザーの中にも静音性を重視する方が増えていることから、静音性能の実態について詳しく見ていきましょう。

まず、BTOパソコンにおいて静音性が求められる背景として、作業環境の快適さが挙げられます。

長時間使用するとなると、ファンの雑音やハードディスクの動作音が気になる方も多いでしょう。

特に夜間に作業をする方にとっては、静かな環境で集中できるかどうかは非常に重要です。

なぜなら、周囲の音が静かであればあるほど、自分自身の思考にも集中しやすくなるためです。

さらに、静音性能を向上させるための技術が日々進化していることも要注目です。

一部のBTOメーカーは、音の原因となるファンの数を抑える工夫をしたり、低ノイズのファンを搭載したりと苦心しています。

いわば、エンジニアの千思万考によって生まれた最新技術が、私たちの手元に届いているのです。

これにより、静音プロセッサやSSD(ソリッドステートドライブ)への切り替えが進んでいます。

SSDは回転する部品がないため、ハードディスクに比べて格段に静かです。

また、ファンレス設計のパソコンも登場しており、これによってさらに静音性能が向上しています。

したがって、最新のBTOパソコンを選ぶ際には、静音性の優れたパーツを選ぶことがポイントになります。

とはいえ、「静音性が高いパソコンなら何でもよい」と考えるのは本末転倒です。

なぜなら、静音性能を追求しすぎると冷却性能が犠牲になることも考えられます。

適切なバランスを見極めることが大切です。

高性能の冷却システムを搭載しているパソコンで、なおかつ静音設計が施されているモデルを選ぶのが理想的です。

このように、最近では静音性能に優れたBTOパソコンが続々と登場しており、選択肢が充実しています。

「作業中の雑音が気になる」という方は、一度静音性能に特化したモデルをチェックしてみると良いでしょう。

そして、それが自分の作業環境をどれだけ快適に改善してくれるかを実感してくださいね。

グラフィックボード解像度戦争の最前線

グラフィックボード解像度戦争の最前線において、どの解像度が最適なのかを考えるのは、大変な悩みの種ですよね。

しかも、選択肢がいくつもありますが、それぞれの特性をきちんと理解する必要があります。

高解像度でのゲームプレイは、非常に魅力的な体験を提供しますが、最高の体験を得るためには、適切なBTOパソコンの選択が重要です。

まず、解像度について理解しておくべきことがあります。

4K解像度は特に注目されていますが、これを最大限に活かすためには、強力なグラフィックボードが必要です。

「もっと高画質でゲームを楽しみたい!」と思う方が多いでしょう。

しかし、4K解像度は美しいグラフィックスを楽しめる一方で、要求されるスペックも高くなります。

新しいゲームタイトルがどんどん登場する中で、高性能なグラフィックボードを選ばない手はありませんね。

一方で、フルHDやQHDも無視できない選択肢です。

なぜなら、多くの人にとってフルHDはコストパフォーマンスが良い選択。

実際、フルHDでも十分に高品質な映像美を堪能できるのです。

また、QHDはその中間に位置し、解像度とパフォーマンスのバランスが良いと評価されています。

「どちらが自分にとってベストか?」と疑問に思った方もいるかもしれませんが、それは使うシナリオに依存します。

ゲーマーであれば、リフレッシュレートにも注目するべきです。

たとえば、144Hzや240Hzのモニターは、よりスムーズなゲーム体験を提供します。

しかし、これらの高リフレッシュレートを活かすには、対応するグラフィックボードが必要です。

要するに、解像度とリフレッシュレートのバランスをどう取るかが重要なのです。

さらに、ゲームだけでなく、クリエイティブな作業を行う方にとっても、グラフィックボードの性能は重要です。

例えば、動画編集や3Dモデリングを行う方は、解像度の高さが仕事の効率に直結します。

それでも「高性能なグラフィックボードは手が届きにくい」と感じる方もいるでしょう。

これを踏まえると、解像度戦争の最前線で勝ち抜くためには、しっかりとした判断が求められます。

ぜひ、BTOパソコンを選ぶ際には、自分の使用用途に最も合った解像度とグラフィックボードを選びましょう。

適切な選択をすることで、日進月歩の技術進化に対応でき、最高のパフォーマンスを引き出すことができるわけです。


コスパ最強! 注目されるBTOパソコン

コスパ最強!

「BTOパソコンが欲しいけど、コストパフォーマンスを重視したい」という方も多いのではないでしょうか。

そんな方に朗報です。

近年、BTOパソコンの市場では、コスパ最強と言われるモデルがいくつも登場しています。

その背景には、メーカー各社の競争が激化し、ユーザーのニーズに応じた高性能かつ低価格なモデルが次々とリリースされている状況があります。

まず、コスパ最強なBTOパソコンを見つけるには、用途を明確にすることが重要です。

「ゲームを思いっきり楽しみたい」「動画編集をスムーズに行いたい」「オフィス作業を快適にしたい」など、目的に応じて最適な構成が異なります。

たとえば、ゲーム用なら高性能なグラフィックカードが必須ですが、オフィス用途ならそこまでハイスペックな構成は必要ないでしょう。

次に、注目すべきポイントは「バランス」ですね。

いくら価格が安くても、どこか一つが極端に劣っていると、それはコスパが良いとは言えません。

例えば、CPUとGPUのどちらかに偏りすぎると、もう一方がボトルネックになってしまい、パフォーマンスを充分に引き出せません。

これを避けるためにも、各コンポーネントがバランス良く配備されているモデルを選ぶのが賢明です。

さらに、最近のBTOパソコンではSSDの採用がほぼ当たり前になっています。

SSDはHDDに比べて圧倒的に高速で、起動時間やアプリケーションのロード時間が短縮され、生産性が飛躍的に向上します。

つまり、初期コストがやや高くても、長期的なパフォーマンス向上を考えると、SSD搭載モデルを選択しない手はありません。

また、メモリも重要な要素の一つです。

一般的には8GBでも十分ですが、余裕を持って快適に作業を行いたいなら16GBがおすすめです。

そして、メモリの増設が容易なBTOパソコンなら、将来的な拡張性も抜群です。

「メモリが足りなくなるかも」と心配することなく、安心して長期間使えるわけですね。

最後に、サポート体制も重要です。

万が一のトラブルに迅速に対応してくれるメーカーを選ぶことで、購入後の不安も軽減されます。

たとえば、保証期間中にトラブルが発生した場合、修理や交換がスムーズに行われると、それだけで安心感が格段に違います。

これらのポイントをチェックすれば、コスパ最強なBTOパソコンを見つけることができるでしょう。

今まで以上に快適なパソコンライフを手に入れるなら、「コスパ」を意識した選び方を心掛けてくださいね。

BTOパソコンに関するよくある誤解を解消

BTOパソコンに関するよくある誤解を解消

BTOパソコンと初心者の関係性

BTOパソコンが気になるけれど、「本当に初心者でも使いこなせるのか」と疑問に思っている方もいるかもしれません。

しかし、BTOパソコンは初心者にこそおすすめしたい選択肢です。

なぜかというと、カスタマイズが可能な点が大きな魅力だからです。

自分の使い方や予算に合わせて、必要なスペックを選ぶことができるのです。

たとえば、市販の既製品パソコンには過剰な機能が搭載されていることが多く、「そこまでのスペックは要らないな」と感じる方もいるのではないでしょうか。

BTOパソコンでは、必要な機能だけを選ぶことができます。

これによって、無駄をなくし、コストパフォーマンスが良くなるのが大きなメリットです。

さらに、多くのBTOパソコン提供会社は、初心者向けのセットアップサービスを提供しているところが多いのです。

最初の設定やインストールもサポートしてもらえるので、「パソコン詳しくないし、設定が不安」と感じる方も安心して購入することができます。

また、BTOパソコンの専門店では、相談に乗ってくれるスタッフが常駐しています。

自分に合ったパーツが何か、どのような構成がベストかをプロに相談することができれば、失敗するリスクを大幅に減らすことができます。

これは、初心者にとって非常に頼もしいポイントです。

ですが、BTOパソコンを初めて購入する際に、「ちゃんと動くかな?」「本当に自分で選んだ構成で良いのかな?」と不安に感じるかもしれません。

とはいうものの、これらの不安はしっかりとしたサポートシステムや購入前のリサーチで解消できます。

そして、BTOパソコンを使用し始めてからも、問題が発生した場合にサポートが受けられます。

多くのBTOパソコンメーカーでは専用のサポートデスクが用意されており、困ったときにはすぐに専門スタッフに相談することができます。

実際に私も、初めてのBTOパソコンで困ったことがありましたが、サポートの対応の良さに助けられました。

最後に、BTOパソコンを利用していると、自然とパソコンの知識も深まります。

最初は不安だった部分も使い続けることで、「これなら自分でもできる!」という自信が芽生えるでしょう。

このように、BTOパソコンと初心者の関係性を考えると、最初の一歩を踏み出す勇気があれば、後は順調に進めていけることが分かるはずです。

初めてのBTOパソコンを選ぶ時、恐れずにまずはトライしてみましょう。

自作PCとBTOの得失を徹底比較

BTOパソコンと自作PCのどちらを選ぶべきか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、両者の利点と欠点について詳細に比較してみましょう。

まず、自作PCの魅力は自由度の高さです。

自分の好きなパーツを選び、好きなタイミングでアップグレードできる点が最大のメリットです。

たとえば、その場で最新技術を取り入れたいときすぐに対応できます。

しかしながら、パーツ選びに時間がかかったり、組み立てに技術が求められる点が悩ましいところです。

そのため、「自分で組み立てるのはちょっと不安」と感じる方もいるかもしれません。

一方、BTOパソコンはその手軽さが魅力です。

あらかじめ仕様を選ぶだけで、プロが組み立ててくれるので、技術に対する分かりにくさや時間の節約が求められる方には最適です。

しかも、多くのBTOメーカーでは、カスタマイズオプションが豊富に用意されており、自分の用途に合わせた最適なPCを作成できます。

また、保証が付いている場合がほとんどなので、トラブル時にも対応がスムーズという安心感があります。

しかし、BTOパソコンには自由度が限られるという欠点もあります。

特に、最新パーツを取り入れるのが難しかったり、メーカーによってはパーツの選択肢が限られていることがあるのが現実です。

というのも、BTOパソコンはメーカーが提供する選択肢から選ぶ必要があり、自作PCのような完全カスタマイズは不可能です。

そこが「ちょっと物足りない」と感じる方もいるかもしれません。

総じて、「自分でカスタマイズする楽しさを味わいたい」「最新技術をすぐに取り入れたい」と考える方には自作PCが向いています。

そして、「手軽に高性能なPCが欲しい」「トラブル時の対応が安心」という方にはBTOパソコンが一択になります。

要するに、どちらにも一石二鳥のメリットがあるので、自分のニーズに合わせて選ぶと良いでしょう。

どちらを選ぶにせよ、まず自分が何を優先するのかを明確にすることがベースになります。

それによって、満足感の高いPCライフを送ることができるわけです。

選択肢がいくつもある現代において、「これだ!」と思える1台を手に入れることが、何より重要です。

CPU選びでIntelとAMDの戦いを理解する

CPU選びで頻繁に話題になるのが、IntelとAMDの対決です。

最近では、どちらのメーカーも優れたプロセッサを提供していますが「どっちを選べばいいの?」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

この記事では、BTOパソコンを選ぶ際にどちらのCPUを選ぶべきか、その判断基準について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

まず、IntelとAMD、それぞれの強みを理解することが重要です。

Intelは長い歴史をもち、高い信頼性と性能の安定性が魅力です。

たとえば、ゲームや動画編集など、高いパフォーマンスを求める作業においては、Intel製のCPUが一般的には優れています。

また、その持ち前のシングルコア性能の高さから、多くのアプリケーションで高いパフォーマンスを発揮することが分かっています。

一方、AMDは最近の躍進が目覚ましいといえます。

というのも、AMDはRyzenシリーズで多コア・高スレッド数のプロセッサを提供しており、並行処理が得意なアプリケーションや、コストパフォーマンスを重視するユーザーにとって一石二鳥の選択肢となっています。

特に、クリエイティブな作業や多くのアプリケーションを同時に開く場合、AMDのマルチコア性能の恩恵を強く感じることができます。

まず、自分がどのような作業を主に行うかによって判断するのが賢明です。

ゲームを中心にするなら、高いシングルコア性能を提供するIntel製CPUが一択になりますが、クリエイティブな作業やマルチタスクを重視する場合にはAMDのCPUが適しています。

なぜかというと、AMDのRyzenシリーズは非常によく設計されており、今後のアップグレードも視野に入れると、一挙両得の魅力を持つからです。

もちろん、価格帯やお好みのブランドも判断基準の一つになりますが、性能面と作業内容に応じて冷静に選ぶことが大切です。

CPU選びにおいて「どっちが絶対にいい」という結論を出すのは難しいです。

なぜなら、各ユーザーの用途や予算、ブランドの好みが異なるからです。

それでも、IntelとAMDの強みと弱みを理解して、適切な選択ができるようになると、ストレスなく目的に合ったBTOパソコンを手に入れることができます。

CPUの選択で悩むことはなくなるでしょう。

以上、IntelとAMDのCPU選びについてご紹介しました。

プロが選ぶ! BTOパソコンのおすすめカスタマイズ

プロが選ぶ! BTOパソコンのおすすめカスタマイズ

カスタマイズしたCPUで差をつける

BTOパソコン選びにおいて、プロフェッショナルな操作を求めるエンジニアの間で最も重視される要素は、間違いなくCPUの選定です。

CPU、つまり中央処理装置はパソコンの脳みそであり、全ての計算処理の速度と効率性を司る部品です。

各種アプリケーションやタスクをスムーズにこなすためには、その用途に応じたCPUの選択が不可欠となります。

例えば、コーディングやビッグデータの処理を行うエンジニアは、複数のコアを持つ高性能CPUを優先し、これにより並列処理の能力が飛躍的に向上します。

また重要なのは、将来のアップグレードを見据えての選択です。

プログラミングなどの作業速度を担保するためにも、十分な拡張性を備えたCPUは将来的にハードウェアのアップデート時にも余裕をもたらし、長期間にわたって使い続けることができるでしょう。

さらには、消費電力の低さを実現するCPUを選ぶことで、長時間の使用でも電力コストを抑え、エコなワークスタイルに貢献します。

エンジニアにとってBTOパソコンは、ただの作業道具に留まりません。

それは創造性を発揮し、問題解決に向けて最前線で活躍するためのパートナーです。

適切なCPUをカスタマイズし選択することで、パフォーマンスの差が明確になり、作業の生産性が大きく変わるのです。

ベストなBTOパソコンを実現するために、エンジニア自身の手で最適なCPUを選び、カスタマイズしていくのが非常に重要といえます。

グラフィックス重視のカスタマイズテク

グラフィックス性能を重視したBTOパソコンをカスタマイズする際、重要なポイントがいくつかあります。

まず、グラフィックスカード(GPU)の選定です。

これは当たり前のことながら、ゲームや3Dレンダリング、動画編集などの作業をするには高性能なGPUが不可欠です。

しかし、高性能なGPUは高価ですので、予算とのバランスを考えることが大切ですよね。

次に、十分な電源供給ができる高品質な電源ユニット(PSU)を選ぶ必要があります。

なぜかというと、GPUは多くの電力を消費するため、PSUがそれに対応できないとシステム全体の安定性が損なわれる危険があります。

「電源不足でパソコンが起動しない!」というトラブルを防ぎたいものです。

また、冷却システムの最適化もしなければなりません。

いわば、優れた冷却システムがないと、GPUはすぐに熱を持ち、その性能をフルに活かせないことが分かっています。

特にハイエンドモデルのGPUを搭載する場合、液冷システムを導入するのも効果的です。

しっかり冷やしてあげることで、長時間安定したパフォーマンスを発揮させることができますよ。

さらに、CPUとGPUのバランスも考慮する必要があります。

たとえば、強力なGPUを搭載していても、CPUがそれに見合わないものだとボトルネックが生じ、思うように性能を引き出せません。

CPUも十分な性能を持つものを選ぶのが賢い選択です。

この「バランスをとる」ことが、一挙両得で全体のパフォーマンスを向上させる鍵です。

メモリについても見逃せません。

高解像度でのゲームプレイやグラフィックデザイン作業を快適に行うには、16GB以上の高速メモリを推奨します。

多くのアプリケーションを同時に開くことが多いなら、32GB以上を考慮することもできます。

最終的に、自分がどの程度の性能を求めているのか、その目的を明確にすることが大切です。

「最高のグラフィックス性能を実現したい」と考えるとよいかと思いますが、例えば予算に限りがある場合、一度に全てを揃えるのではなく、順次アップグレードするプランも考える価値があります。

要するに、グラフィックス重視のBTOパソコンのカスタマイズでは、GPU、PSU、冷却システム、CPUとメモリのバランスを確保することが肝心です。

これらの要点を押さえれば、映像美とパフォーマンスに優れた自作パソコンが実現できるわけです。

究極のカスタマイズで実現する静音性

究極のカスタマイズで実現する静音性についてご紹介していきます。

BTOパソコンを選ぶ際、パフォーマンスやコストパフォーマンスだけでなく、静音性を重視する方も多いのではないでしょうか。

特に自宅で仕事をするプロエンジニアや、深夜に快適にゲームをプレイしたいユーザーにとって、静かな環境は必須ともいえます。

分かりやすくご説明しましょう。

まず、静音性を追求するためには、冷却ファンの品質を見直す必要があります。

一般的に、標準装備のファンはコストを抑えるために選ばれていることが多く、静音性は必ずしも最高ではありません。

そこで、静音性能に優れたファンに換装するのは一つの効果的な方法です。

たとえば、低回転数で高いエアフローを実現するファンを選ぶことで、無駄な騒音を抑制することができますよ。

さらに、ファンだけでなくケース自体の構造も重要です。

静音を目指すならば、防音性が高いケースを選ぶとよいでしょう。

厚みのあるパネルや防音シートが使用されているケースは、内部の音を外に逃さない設計になっており、静かな環境を実現する手助けとなります。

たとえば、防音シートを装備した高機能なケースを導入することで、騒音を外部に漏らさずに抑制することができます。

もう一つの選択肢としては、水冷システムの導入があります。

空冷に比べて、回転する部分が少ないため、総じて静音性が高いです。

近年、水冷システムは一層手軽になっており、設置も簡単で信頼性も上がっています。

しかしながら、初期コストが少々高めであり、その点だけはご注意ください。

SSDの採用も静音性には欠かせません。

HDDは物理的に回転する部分があるため、稼働音が発生しがちです。

一方、SSDは静音性に優れ、アクセス速度も速いため、起動やデータ転送の快適さが大きく向上します。

静音性を求めるのであれば、HDDからSSDへの切り替えはもはや必須ともいえるのです。

また、グラフィックカードを選ぶ際も、静音性を考慮することが重要です。

たとえば、ファンレスのグラフィックカードやファンの音が静かなモデルを選ぶことで、全体的なシステム音を低減することができます。

プロユースで高い性能が求められる場合、クーラーに静音性の高い製品を選ぶことが肝要です。

究極の静音性を目指すには、これらの要素を総合的に考慮する必要があります。

どれか一つだけにこだわるのではなく、全体のバランスを取ることが大切です。

海千山千の知識と経験を駆使して、自分だけの静音BTOパソコンを作り上げましょう。

きっとその成果は、快適な作業環境として返ってくることでしょう。

ここまでご紹介した方法を実践すれば、静音性を高めることができるわけです。

少々手間がかかるように感じるかもしれませんが、一度設定してしまえば、その快適さは日々の作業効率を大きく向上させること間違いなしです。

経験者が教える! BTOパソコンのユーザーガイド

経験者が教える! BTOパソコンのユーザーガイド

初心者でも使いこなせるBTOパソコンの魅力

初心者でも使いこなせるBTOパソコンの魅力、これは多くの方に共感していただける題材です。

なぜなら、BTOパソコンはそのカスタマイズの自由さと、パフォーマンスの高いコストパフォーマンスで知られているからです。

初めてでも、専門知識がなくても、理想のパソコンを手に入れることは夢ではありません。

まず、BTOパソコンの最大の魅力は「自分だけの一台」が作れる点です。

市販のパソコンとは異なり、BTOパソコンでは自分の用途や好みに応じて、CPU、メモリ、ストレージなどを自由に選べます。

「予算は限られているけど、ゲームも楽しみたい!」という方には、高性能なGPUと大容量ストレージを組み込んだモデルを選ぶことができます。

これにより、一石二鳥の快適なゲーム環境と高速なデータ保存を実現できるわけです。

さらに、カスタマイズの自由度が高いBTOパソコンは、将来的なアップグレードも容易です。

たとえば、新しいゲームや高解像度の動画編集ソフトが出たとき、必要に応じてメモリやGPUを追加したり交換したりすることができます。

市販のパソコンではこれが難しいですが、BTOなら簡単に行えます。

「最新技術に対応し続けたい!」という方には、この点が大きな魅力でしょう。

また、BTOパソコンのサポート体制も見逃してはなりません。

多くのBTOメーカーは専門スタッフによるカスタマーサポートを提供しています。

パソコンのトラブルや質問があれば、迅速かつ的確なサポートを受けることができるのです。

これにより、初心者でも安心してパソコンを使用することができます。

不安な点があれば、素直に相談してみることをおすすめします。

価格面でもBTOパソコンは魅力的です。

というのも、中間業者が入らないため、同じスペックの市販モデルと比べてコストパフォーマンスが高いことが多いのです。

「コストを抑えつつ高性能なマシンが欲しい」という方には、BTOパソコンが非常に適しています。

一方で、選択肢が多すぎて「どれを選べばいいの?」と迷う方もいるかもしれません。

しかし、BTOパソコンは自分のニーズによって選ぶべきパーツが決まってきます。

たとえば、動画編集やゲーミングには高性能なCPUやGPUが不可欠ですが、オフィスワーク中心ならば、そこまでのスペックは必要ありません。

ですので、まずは自分の使用用途を明確にすると、選択肢も絞りやすくなります。

このように、BTOパソコンは初心者でも安心して使いこなせる多くの魅力があります。

パソコン選びでお悩みの方は、ぜひ一度BTOの選択肢も視野に入れてみてください。

BTOパソコンを手に入れれば、自分だけの理想の一台を所有する喜びを感じることができるでしょう。

空冷か水冷か?冷却方法の決定版

BTOパソコンを選ぶ際、冷却方法の選択は非常に重要です。

特に空冷か水冷か、どちらを選ぶべきか悩ましいところですよね。

どちらにも一長一短があり、用途や好みによって選択肢が変わります。

では、空冷と水冷について具体的に見ていきましょう。

まず、空冷は従来からある非常に一般的な冷却方法で、多くのBTOパソコンで採用されています。

簡単に言うと、ファンを使って空気を流し、熱を外に逃がす仕組みです。

この方法の最大のメリットは、メンテナンスが比較的容易で、初期コストも低めであることです。

そのため、あまり手間をかけたくない方や、初めてパソコンを組む方にとっては非常に扱いやすい選択になります。

また、空冷システムは耐久性が高いことでも知られています。

ファンが壊れても簡単に交換できますし、冷えすぎる心配もありません。

しかし、空冷にはデメリットもあります。

特に高負荷な作業、例えば最新のゲームを高グラフィック設定でプレイする場合や、動画編集などの重たい処理を行う際には、効率的に熱を排出できないことがあります。

このような高負荷作業を頻繁に行う方にとって、空冷だけでは心許ないかもしれません。

一方で水冷は、冷却性能に非常に優れているのが特徴です。

冷却液をパイプで循環させて熱を放出するという仕組みのおかげで、空冷よりも効率的に熱を排出できるため、特にオーバークロックや高負荷な作業を多く行う場合には最適です。

これにより、性能を引き出すことができ、パソコンの寿命を延ばすことも期待できます。

しかも、静音性が高いというメリットもあります。

ファンの音が気になる方にとって、水冷は非常に魅力的な選択肢です。

とはいえ、水冷にはメリットばかりではありません。

初期コストが空冷に比べて高くなる上、メンテナンスがやや手間です。

特に冷却液の交換や、パイプの漏れのチェックなどが必要となり、抵抗を覚える人もいるでしょう。

加えて、水冷システムが故障した場合のリスクもあります。

パイプが破れたり、ポンプが故障したりすると、修理が大変です。

要するに、空冷と水冷のどちらを選ぶかは、使用目的と自身の技術レベル、さらに予算に応じて決定するのが最も賢い方法です。

パソコンの冷却方法で悩んでいる方には、この両者の違いをしっかり理解して、自分に合った方法を選択するのが一石二鳥でしょう。

それぞれの特性を理解し、自分の使用状況に合わせた最適な冷却方法を選ぶことで、より快適なパソコンライフを送ることができるようになりますよ!

最適なUSBポート数とは?生活に合わせた選択

USBポートの数は、BTOパソコンを選ぶ際に見逃せないポイントですが、なかなか悩ましいところですよね。

これを的確に選べると、毎日の作業がスムーズに進行できるわけです。

USBポートが不足すると、USBハブを利用することになり、その分机の上がごちゃごちゃしてしまうことが多いです。

そのため、最初からしっかりと必要なポート数を確保しておきたいものです。

まず、どのような機器を接続するのかを考えることから始めましょう。

普段使いであれば、キーボード、マウス、プリンター、そしてスマートフォンの充電などがあります。

一般的には、この4つは最低限必要となることが多いです。

しかし、これに加えて外付けハードディスクやUSBメモリを常に使用する方も多いのではないでしょうか。

これらを考慮すると、最低でも6つのポートがあると安心です。

さらに、高度なニーズを持つ方、たとえばプロエンジニアの場合は、開発環境やデバッグツール、複数のモニター、または特殊な入力デバイスなど、接続するデバイスが増えることが考えられます。

そうなると、10個以上のUSBポートが必要となることもあります。

実は、現在のBTOパソコンはそのような要求にも応える設計がされているモデルも多くあります。

つまり、一挙両得の効果を狙うことができるのです。

とはいえ、どれだけのポートが必要かを過剰に見積もることも避けたいところです。

なぜかというと、余計なコストやスペースを占有してしまうことがあるからです。

たとえば、大規模なプロジェクトを意識してUSBポートが多いモデルを選んだとしても、実際には使用しないポートばかりになってしまうことも考えられます。

「これだけポートがあれば十分」というラインを見極めるのが鍵です。

そしてどうしてもポートが足りないという方もいるかもしれません。

そんな場合には、USBハブを利用するのも効果的です。

これで、必要に応じてポートを増設することができ、柔軟に対応することが可能です。

最後に、USBポートの品質も重要です。

最近のデバイスは高速データ転送が求められるものが多いですので、USB 3.0以上のポートがあると便利です。

スピードが速いだけでなく、高速充電が可能なポートがあれば、スマートフォンなどへの充電もより効率的に行うことができます。

USBポートの数と種類を適切に選ぶことで、日常の効率が大きく向上します。

あわせて読みたい

最高のゲーム配信PCを目指して スペックチェックリスト

ちょっとええゲーミングPC

映像制作のニーズに応える! カスタムパソコン完全マニュアル

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ゲーム実況フレンドリー! コストパフォーマンスに優れたおすすめPC

BTOパソコン購入マニュアル

業界プロが推薦! マンガ制作を支えるおすすめPCリスト

ゲーミングPC探訪

プロが教える最適スペック! おすすめBTOゲーミングPC紹介

静音PC探求道

2024年最新版 圧倒的ゲーム体験を提供する高スペックPC

BTOゲーミングPCランキング

PCゲーム戦士の盾 予算内で見つける最適性能PC

ちょっとええゲーミングPC

効率アップ! 動画編集に適したパソコンスペックとは?

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

究極のカスタム体験! おすすめBTOゲーミングPCアセンブリーヒント

BTOゲーミングPCランキング

処理速度が鍵! 高速おすすめCore i7 PC

BTOパソコン購入マニュアル

クリエイティブワーク向けおすすめBTOデスクトップPC選定法

ちょっとええゲーミングPC

おすすめPCで夢を描く 画像生成AIを駆使するアーティストの選択

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ゲーミングデスクトップPCバイブル 職種別パーフェクトマッチ選定ガイド

静音PC探求道

音楽制作PC選びの科学 DAWのパフォーマンスを最適化するコツ

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCの寿命を知ることが長く使う秘訣

ゲーミングPC探訪

インフルエンサー向け! Youtubeで成功するおすすめPCガイド

BTOゲーミングPCランキング

パソコン老化診断! 寿命をチェックするための完全ガイド

BTOパソコンはBuild To Orderの略

速攻で覚えるおすすめ「AI PC」選択術 トップパフォーマンスモデル特集

BTOパソコン購入マニュアル

最適なスペックで選ぶ、AI画像生成用のおすすめPC

ちょっとええゲーミングPC

スペックから割り出す! パソコン選びの黄金比とは?

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

タスク達人の選ぶ! おすすめの仕事向けパソコン2024

BTOゲーミングPCランキング

動画編集の鬼になれ! 映像クリエイターのためのパソコン最強構成

BTOパソコンはBuild To Orderの略

初心者必見! 動画編集におすすめのPC選び方

静音PC探求道

パソコン選び方の真髄! おすすめモデルでスマート選択

ゲーミングPC探訪

ゲーミングPC寿命終了?この時が買い替えの合図

BTOパソコン購入マニュアル

映像クリエイターの夢を実現させるパソコン選び完全マスタープラン

ちょっとええゲーミングPC

ゲーミングPCでVRの限界に挑戦! 性能別おすすめモデル

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

YouTube用にカスタマイズ! パワフルなおすすめPC構成

静音PC探求道

さあ飛び込めデジタルアート! WEBデザイナー必携のおすすめパソコン

BTOゲーミングPCランキング

ゲームチェンジャー 生成AIを見据えたおすすめPC紹介

BTOパソコンはBuild To Orderの略

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次